netgeek

0

【炎上】落選した鳥越俊太郎「今の日本国民はボケていますよ。私に言わせると」

腹BLACK 2016年8月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

都知事選で小池百合子氏に敗北した鳥越俊太郎氏がハフィントンポストの独占インタビューに応じている。インタビューでは数多くの問題発言が確認でき、現在、炎上状態となっている。

まず第一に注目すべきところは日本国民をバカにしているところ。

日本の現実見たらわかるじゃないですか。日本でリベラルが勝っていますか。勝っていないでしょ。負けてるんですよ。現実に。

悲観的というか、現実的なんですよ。現実を見ていれば、そうじゃないですか。戦後70年をみてきて、いろんな場面場面を見てきているから、今がどういう時期かわかっていますよ。今、戦後の中で、リベラルは存在します。だけど現実に投票という形になると、世論調査と内閣の支持率を見ると、今の国民ははっきり言うと、ボケてますよ。私に言わせると。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/10/shuntaro-torigoe-2_n_11424086.html

選挙の時は有権者に「清き一票を」と盛大に媚を売っておきながら、落選した途端にこの手のひら返し。自分の理想とかけ離れた現実を素直に受け入れられず、周囲こそが間違っていると捉えるのでは成長しない。鳥越氏は政策もなしに都知事に立候補したことから、ライバル候補云々の前に自身に問題があったと言わざるをえない。

▼新聞が投げかけた質問には回答できるほどの知識がないからスカスカ。「みんなに聞いてこれから考えたい」と答えるのが精一杯。

torigoe_senkaku (2)

そして第二に自分の生業とするジャーナリズムを否定しているところがおかしい。

ペンの力って今、ダメじゃん。全然ダメじゃん。力ないじゃん。だって安倍政権の跋扈を許しているのはペンとテレビでしょ。メディアが肝心のところを国民にちゃんと訴えないから、こうなるんでしょ。僕はペンの力なんか全然信用していません。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/10/shuntaro-torigoe_n_11422752.html?utm_hp_ref=japan

客観的な第三者が日本のジャーナリズムを批判するならまだしも当の本人が否定してどうする。そもそも鳥越氏は週刊誌に過去の疑惑をすっぱ抜かれたことで支持率が急落したのだから、まさしく「ペンの力に負けた」と言える。そういった敗因を無視している鳥越氏の主張はめちゃくちゃだ。

この他にも鳥越氏はインタビューの中で多数の問題発言をしている。

・宇都宮健児さんが私の応援をしなかったのは共産党に裏切られたと思って悔しかったから。「鳥越さんが週刊誌の疑惑について説明しないのであれば応援できない」というのは口実に使っただけだと思いますよ

・週刊誌報道の疑惑については証明するのが無理。質問が次から次へと増えるから説明も一切しない

・ニコニコ動画の生放送は別に出る価値はない。出なきゃいけないメディアではないし、文字が流れてくるおかしいサイトでしょ

・ドタキャン疑惑があった池上彰のインタビューなんて知らなかった。僕は知らない。スケジュール管理は僕じゃない

・自分のサイトから都知事選の記述が消えたのは知らない。僕はかかわっていない

・日本国民は安倍総理のアベノミクスに騙されている

・小池百合子は僕のことを「病み上がり」と言ってガンサバイバーを差別した。「厚化粧」よりひどい表現だ

・小池百合子は嘘つき。平気で嘘つく女なんだよ。本性が見えた

往生際が悪いとはこのことか。ジャーナリストとして復帰した鳥越俊太郎氏はすでに国民の信頼を失っており、出馬は完全にマイナスでしかなかった。netgeek編集部でアンケートをとった結果、なんと97%が鳥越氏をジャーナリストとして信用出来ないと答えている。

疑惑の週刊誌報道について情報を公開せずに弁護士に頼り、説明責任を果たさなかった点は橋下徹氏にも大バッシングされた。同じく選挙中に文春の攻撃にあった青山繁晴氏は事実関係をきちんと説明して有権者の理解を得たのに、隠蔽した鳥越氏は対応を完全に誤った。

参考:【炎上】青山繁晴 VS 週刊文春 共同通信時代の経費の私的流用疑惑について青山繁晴が全力で反論

言行不一致にも程がある。

torigoe_abe (4)

torigoe_senkaku (1)

torigoe_senkaku (3)

鳥越俊太郎、76歳。長年ジャーナリストとして仕事をしておきながら出馬時に政策を一つも提示できなかったのは絶対におかしい。また同じジャーナリスト仲間が続々と鳥越氏の過去の悪事を告発しており、信頼がないことが明らかになった。

参考1:ジャーナリスト寺澤有「鳥越俊太郎から『記事にしたらこの業界では生きていけないぞ』と言われた」 送りつけられた警告書を暴露公開

参考2:鳥越俊太郎がオーマイニュースの編集長辞任をすっぱ抜かれて「そんなこと言ってない!訴えるぞ!」と激怒→録音テープが公開

日本国民はボケてなどいない。自分が選ばれなかったからといって有権者を疑うのは間違っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!