netgeek

0

ジャーナリスト寺澤有「鳥越俊太郎から『記事にしたらこの業界では生きていけないぞ』と言われた」 送りつけられた警告書を暴露公開

腹BLACK 2016年7月21日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

警察の不祥事について実績の多いジャーナリストの寺澤有氏(49)が同じジャーナリスト仲間であった鳥越俊太郎氏から不正な圧力を受けたことがあると暴露した。

暴露が行われたのは7/20のこと。内容は鳥越俊太郎氏がフライデーの記事をもみ消そうとしたというものだ。

▼投稿に添付されていた画像(1枚目)。圧力に負けずに公開されたフライデーの記事。

torigoe_terasawa (3)

▼2枚目。「警告人 鳥越俊太郎」

torigoe_terasawa (1)

▼3枚目。代理人として藤田謹也弁護士の名前が記されている。平成12年、つまり2000年の文書だ。

torigoe_terasawa (2)

 

フライデーの記事をざっと紹介すると、以下の流れ。

(1)元毎日新聞記者の鳥越俊太郎氏が司会を務める「ザ・スクープ(テレビ朝日)」、警察が推し進めた盗聴法とNシステムで国民のプライバシーが侵害されると報道

(2)同番組スタッフの山路徹氏が警察に尾行され、それに気づいた山路氏はビデオカメラで撮影した

(3)ザ・スクープで放送しようという話になったが、なぜかテレビ朝日上層部から待ったがかかった

(4)寺澤有氏は鳥越俊太郎氏に直接理由を尋ねたところ、「上層部が警察と取引したんだよ」という驚きの答えが返ってきた。そんな黒い取引があったとは…。

(5)鳥越氏は必ず放送すると断言していた。ジャーナリストとして当然であろう

(6)だが、3ヶ月経っても放送されない。しびれを切らした寺澤有氏は自分が報じようとテレビ朝日の関係者に取材を開始。

(7)そんな中、鳥越氏から突然電話がかかってきた「あれは俺がやると言っただろ。それから俺が雑談で話したことは記事には書けないからな。そういうやり方をしたらこの業界では生きていけないぞ」ときつい物言いをされた

要するに寺澤有氏は真実を伝えるべきジャーナリストとして、警察、テレビ朝日、鳥越氏がやったことについて知っていることを全て記事に書いたのだ。仲間である鳥越氏の言動まで記したのはさすがといったところ。そして鳥越氏は弁護士を雇って自分の写真が掲載されるのは肖像権の侵害だと警告して掲載を阻止しようとした。

寺澤有氏は中央大学法学部出身で、在学中からジャーナリストとしての活動を始めた人物。

▼「国境なき記者団」が発表した「世界の情報ヒーロー100人」では日本人でただ一人ランクインした。受賞理由としては、警察の不祥事の追及、記者クラブ批判などが高く評価された。

torigoe_terasawa

▼受賞会見の様子。

https://youtu.be/7dS0AiFUAW8

その後の寺澤有氏の投稿。

鳥越俊太郎氏はなぜ弁護士を使って警告書を送ってまで寺澤有氏を追い詰めようとしたのだろうか。写真が使われるので肖像権侵害だというのはかなり無茶な言いがかりに思える。フライデーの記事の公開はよほど都合が悪かったのだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!