netgeek

3

けんすう「椎木里佳が『私たちは2ちゃんねる世代』と言ったのは違う。俺のほうが2ちゃんねる世代だ!」

腹BLACK 2016年8月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

起業家の「けんすう」こと古川健介氏が女子高生起業家(現在は大学生)の椎木里佳ちゃんについて言及している。内容は「自分のほうが2ちゃんねる世代」というもの。

最近はnanapiの経営で注目されるけんすう氏。

kensuu_siikirika

nanapiのまさかのKDDIへの売却は自分から持ちかけた話だったという。サイバーエージェントやDeNA、ニッポン放送(バイラルメディアgrapeを買収)、LINE(NAVERまとめ)、カカクコムグループなどがキュレーションサイトやバイラルメディアで攻める中、従来は小規模運営者が多かったウェブメディアは資金力が勝負のカギとなってきているのかもしれない。

けんすう氏が大手企業の傘下入りを決断したのにはそれなりの理由があったのだろう。最近ではMERYやiemoがDeNAグループになってから成長していると注目されている。

さてここからが本題。けんすう氏によると「現在18歳の椎木里佳ちゃんは2ちゃんねる世代ではない!」

けんすう氏は1981年生まれで現在35歳。同じ会社経営者とはいえ、椎木里佳ちゃんとは17歳も年が離れていることになる。西村博之氏が開設した掲示板2ちゃんねるは今の姿こそ知っている人は多いものの、「あめぞう」などを知っている人は少ないだろう。

▼なお、「けんすう氏は2ちゃんねる世代で、椎木里佳ちゃんは2ちゃんねるまとめブログ世代ではないか」という指摘があった。けんすう氏はこれに同意する。

現在、西村博之氏とサーバー屋のジム・ワトキンス氏との間でどちらが所有権を有しているのかで揉めている2ちゃんねる。多くの人たちがその争いの行方に注目している。

参考:ジム・ワトキンスが西村ひろゆきから2ちゃんねるの経営権を奪えた「ただ1つの理由」

下手すると共倒れになって「2ちゃんねる世代」が幻の世代になる可能性もなきにしもあらず…。実際問題、ジムと西村博之氏が揉めたのは金の問題が理由だった。サーバー屋のジムは赤字経営が続いていて「このままでは維持できない」と西村博之氏に泣きついて金をせびっていた。

近年の2ちゃんねるはTwitterなどにユーザーを奪われ、アクセス数が急落している。すでに衰退期に入ったのだから右肩上がりの時代とはまた別のマネジメントが求められるが、それはかなり難易度が高い。衰退期に仲間内で責任を押し付けあって内部分裂することはよくあることなのだ。

おまけ。けんすう氏の「今の若い人にネットと現実を分ける感覚はない」という興味深い考察。

現在の子供は生まれながらにしてスマホやタブレット端末を触って育ち、TwitterやFacebook、LINEはリアルの友人とコミュニケーションをとるために使うことが多い。起業家としては時代の変化に合わせて事業を変化させていく必要があるということなのだろう。

これまで時代の潮流を的確に見極めて掲示板「ミルクカフェ」やメディア「nanapi」、Q&Aアプリ「アンサー」などをリリースしてきたけんすう氏。まだまだ若い起業家には負けず、社会の変化をしっかりと観察したうえで今後も新しいサービスを提供してくれるに違いない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!