netgeek

4

【炎上】加計問題を追及中の逢坂誠二、獣医師政治連盟から10万円の献金を受け取っていた

腹BLACK 2017年11月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

立憲民主党の逢坂誠二議員がしつこく加計学園問題を追及している。その背景にはどうやら獣医師会との癒着が関係しているようだ。

30分も使ったのに収穫がないと文句を言う逢坂議員。

逢坂誠二「今まで30分近くやりましたけれども、全く明らかにならないじゃないですか!出発点がそもそもおかしい。私はそう思いますよ。まだ質問してません!もう一回聞きます。石破4条件のうちの1番目…」

ここで逢坂議員の収支報告書を見てみよう。なんと2014年12月4日に北海道獣医師政治連盟から10万円の献金を受け取っている。

玉木雄一郎議員と全く同じではないか。金で獣医師会の手先と成り下がり、加計学園の獣医学部新設を執拗に阻止しようとする。一度10万円を受け取っているなら他にも関係があったとみるほうが自然。例えば獣医学部新設を阻止できたら成功報酬として献金が貰えるなど、何らかの金銭的インセンティブの約束があったことは想像するに難くない。

逢坂議員は国会で暴れまくる。

▼話を聞いていなかった逢坂議員。急に痴呆になってしまったようだ。

逢坂誠二「4条件とワーキンググループは並行して進んでいる?だから…4条件に…今最後、なんておっしゃったんですか?」

▼意味不明な屁理屈。

逢坂誠二「異論がないという事は議論してないことも異論がない事の1つです!」

▼何の成果も出せないまま終わってしまった。

逢坂誠二「今日は何にも答弁出来ないじゃないですか!以上を申し上げて終わります!」

獣医師連盟から献金を受け取っていた時点で追及する資格なし。実際に玉木雄一郎議員は当初「何もやましいことはないですから(笑)」と言って追及を続けていたが、詳しく調べられるうちに弟や父親も絡んでいることが分かり、自分が苦しい立場に追いやられた。

逢坂議員は獣医師会と不適切な関係にあり、金に目がくらんで動いているだけなのではないか?きちんと答えてほしい。少なくとも現時点では誰も信用しないだろう。

【まとめ】

獣医師連盟から金を受け取った5人の政治家。

(1)玉木雄一郎(希望の党)100万円 2012年12月7日

参考:献金を貰う前の玉木雄一郎(2010年)「獣医が不足しています。政府をあげて早急な対応が必要です

(2)福山哲郎(立憲民主党)100万円 2010年8月31日

参考:【炎上】民進党・福山哲郎も獣医師連盟から100万円の献金を受け取っていた

(3)芝博一(民進党)100万円 2010年8月31日

参考:【炎上】民進党・芝博一も獣医師連盟から100万円の献金

(4)石破茂(自民党)100万円 2012年12月27日

参考:石破茂「石破4条件なんてものはなかった」→証拠が続々と見つかる

(5)逢坂誠二(立憲民主党)10万円 2014年12月4日←NEW!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. もう金で動いていることが見え見え。
    自分の事しか考えず、お金で動く最低な政治家

     
  2. 10万…定期崩せば出せる金額だ。それで国を動かそうとしてくれるならお安い御用。
    みんなで献金してお願いを持ち込んだら面白い。

     
  3. 歯科医師会なんか、一生懸命自民党に貢いでんのに、なんも効果ないぞ(笑)
    診療報酬へるばかり
      

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!