netgeek

0

イギリスの晩餐会で習近平に出されたワインに「皮肉疑惑」が浮上!中国の不都合な歴史を暗喩して批判か?

Gil Pender 2015年11月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

これまで、netgeekは習近平が世界中で冷遇されているという出来事を紹介してきた。今回、10月末に習近平が出席したイギリスでの晩餐会に関するある噂を紹介する。

参考:Xi Jinping dinner: Haut-Brion 1989, English sparkling wine uncorked

疑惑が浮上したのはバッキンガム宮殿で開かれたエリザベス女王主催の公式の晩餐会での出来事。

1102xijinping2

出席者は約150名で、ウィリアム王子やキャサリン妃などの王族やキャメロン首相なども含まれていた。一見、豪華な顔ぶれで厚い歓迎を受けたような印象を受けるが、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマと親交の深いチャールズ皇太子は出席を拒否するなどイギリス側には不穏な空気も流れていた。

そんな雰囲気の中、晩餐会で出されたメニュー表はこちらだ。出されたワインの年号を赤字で囲っている。

1102xijinping1

西暦で古い順に、1977年、1989年、2007年、2008年、2009年だ。実は、この年号は中国で大きな騒乱が起こった年で、イギリス側は皮肉のために故意にこれらを選んだのではないかと噂されている。

▼こちらは現在、Twitterで話題になっている投稿。2007年以外の年号に関して、このような指摘がされている。どれも中国政府が歴史から消したいと願っているものばかりだ。

1102xijinping3

中国のトップである習近平が、これらの年号を見て、何をされているのか気づかないわけがない。さらに1977年はワイン愛好家の中では「外れ年」と呼ばれるほどで、国賓を招くのならばこの年のワインは極力避けるはずという指摘がされている。

ちなみに、2007年はかつてイギリス領だった香港で1人1票の普通選挙の導入が決定された年。この方針は2014年に、中国共産党に有利になるような選挙制度に変更され、香港では大規模な反政府デモが起きていた。

この通り、出されたワインの全ての年号に中国政府が触れられたくない出来事が隠されていたということになる。その他に起きた数々の事件を見ても故意にやっていることは明らかだ。

1023shukinpei4

1023shukinpei2eye

shukinpei_sleep

海外のブラックジョークは凄まじいものだ…。世界各国のメディアに報じられ、大恥をかいた習近平は今頃何を思っているのだろうか。

合わせて読みたい→【衝撃】中国の習近平主席が世界中からナメられていることが発覚

習近平国家主席が今度はイギリスで壮大に恥をかかされる!

【速報】習近平がアメリカでもブラックジョークでもてなされる!晩餐会に出された料理は「日本食」と「安物ワイン」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!