netgeek

2

【炎上】山本太郎が投票の場で横断幕を掲げてフリーズ。「早く投票しろ」の声

腹BLACK 2018年7月21日
 

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法の採決の場面において山本太郎議員らが大暴走してひんしゅくを買った。

議員らが次々と投票する中で山本太郎の姿が見当たらない。

国会中継を見ていた人も「山本太郎いない?」「どこ?」などとコメントした。

そして山本太郎・森裕子・糸数慶子が最後に議場にあがると、なんと横断幕を掲げて「売国法案反対」と叫び始めた。この間、国会にいる人達は唖然とした様子で3人を見守る。

横断幕には「カジノより被災者を助けて!」「カジノより学校にエアコンを!」とある。どうやらカジノに反対する理由に正当性をもたせるために別の話をもってきた模様。

言われなくても被災者は助けているし、学校のエアコンとカジノは別論点なのでは?カジノをやめるからエアコンがつくとか、カジノに踏み切るからエアコンがつかなくなるとかそういう話ではない。

しかし反対するならさっさと反対票を投じればいいわけで、わざわざこうした横断幕をつくって見せつけるのはテレビ向けのパフォーマンスだから。

こうした抵抗もむなしくIR法案は賛成多数で可決となった。学校のエアコン設置問題については尾木直樹氏の「お金の問題ではなく価値観の問題」というコメントが的確だ。

ちょうどnetgeekでは昨日、所沢市の市長が反原発をこじらせたあまりに「エアコンのいらない所沢市」「地球温暖化が進まない市」を掲げ、とんでもないことを主張して住民の猛反発を受けたと記事にしていた。

参考:所沢市長「学校にエアコンつけたくない!子供は汗をかくほうが健康に良い」

山本太郎が本当に子供のことを考えるのなら国会で与党相手に戦うのではなく、こうしたおかしな精神論を唱える人に立ち向かってはどうか。少なくともカジノとエアコンは関係ない。

おまけ。

山本太郎が委員長の原稿を取り上げて掴みかかった件について「マイクは壊していない」と反論。

しかし自民党の和田政宗議員はマイク破壊は事実だと主張している。

最終的に議長からの厳重注意という処分が下されたのだから、マイクが壊れたかどうかは別にして山本太郎の行動に落ち度があったことは明白。無駄なパフォーマンスはやめてほしい。

参考:【炎上】IR法案(カジノ)可決を阻止したい山本太郎が委員長に掴みかかって国民ドン引き

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!