netgeek

5

枝野幸男「国会に抗議して出席できない状況を『サボリ』とデマを吐くな(意味不明)」

腹BLACK 2018年7月21日
 

立憲民主党の枝野幸男代表が内閣不信任案の提出において長時間に渡る演説を行った。国会中継を見ていた人も、もはや長すぎて離脱してしまう人が続出。

その中の注目シーンを紹介したい。18連休の国会サボリについて。

言っていることの意味がわからないというのが正直なところだ。立憲民主党は勝手に仕事をサボってその間、何をしていたかというと遊んでいただけ。

特に蓮舫議員は海外旅行を楽しんでいる様子を中国SNSの微博にアップしていた。日本のSNSにアップしなかったのは批判されると思ったからだろう。

勝手に仕事を休んで18連休もしたら普通の会社ならクビになるのに、政治家は給料が無条件でもらえる。しかし国民からの支持がなくなるのは当たり前だろう。枝野幸男がとるべき行動は謝罪だったのに、あろうことか開き直って逆ギレしてしまった。

結局、国会を休んだことで得られた収穫はないわけで、国民民主党の玉木雄一郎代表は「もう国会を休むことはしない」と潔く宣言した。やり方が間違っていたのだから枝野幸男代表も素直に自分の間違いを認めるべきだろう。

さて内閣不信任案提出の場において枝野幸男代表は提出の理由を2時間43分も演説した。

もはや安倍総理も笑っている。

この後、内閣不信任案は反対多数で否決され、枝野幸男代表の努力はあっさりと水泡に帰したのであった。無駄な演説お疲れ様でした。

ホリエモンこと堀江貴文氏は野党に冷たい見方を示す。

多数決で決めるのが民主主義なのだから、負けた少数派が文句をいうのは筋がずれているということだろう。

国民の心情も理解せずに国会をボイコットしたり、周囲が飽き飽きするほど長時間も演説したりして枝野幸男の行動はなんだか小学校の問題児っぽくないだろうか?勉強はできるけれど人格が歪んでおり、周囲の反感を買う。それでも大学まではうまくいくものの、いざ仕事になると今ひとつ活躍できない。

「AKB48では竹内美宥推し」と公言するなどアイドルオタクである側面もマイナスに影響しているように思えてならない。一言で言うとガリ勉オタク。おじさんに見えるけど中身は自己中心的で我儘な子供だと思う。

あわせて読みたい→マネーの虎で高橋がなり社長(年商60億円)が語った「オタクを雇ってはいけない理由」が物凄い説得力

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 与党も頷いてしまうような立派な対案出してこその野党。
    多数決への対抗としてサボることが何故支持につながると思えるのか…

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!