netgeek

12

【炎上】枝野幸男が公文書と連呼した書類、愛媛県が「公文書ではない」と断言

腹BLACK 2018年5月24日
 

愛媛県の中村時広知事(通称フォント中村)が国会に提出した資料は公文書でないことが分かった。立憲民主党の枝野幸男代表が間違っていたことになる。

愛媛県が取材に答えた。

疑惑が指摘される文書について、愛媛県の担当者は「職員の報告用の備忘録で、公文書ではない。(中略)と本紙に回答した。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180523/soc1805230013-n2.html

これは当たり前だろう。それもそのはず書類はフォントや日付の記載方法がばらばらで執筆責任者の名前もなく、公文書と呼べるレベルのものではなかった。フォントについては強調やデザインとして一部を変えることもあるかもしれないが、その他の不自然な点については説明がつかない。

当初から多くの人がこれは公文書ではなく、メモレベルのものとみていた。そんな中で唯一「公文書」と断言し続けていたのが枝野幸男だ。

当初からの問題発言をまとめてみた。

5月21日に「これは公文書です」と断言。結果としてこれはデマだった。

続けて公文書という前提で話を進める。暴走具合が酷い。

リプライでは「本当に公文書なの?」と疑問の声が多数寄せられるものの、枝野幸男は聞く耳持たず。

この間、加戸前知事が新聞社の取材に答え「公文書ではなく連絡用のメモ」と発言した。元愛媛県知事という立場だけに最も信用できる証言だと拡散された。

参考:加戸守行が暴露する「中村時広知事が文書を出した裏の理由」

しかし枝野幸男の暴走は止まらない。「公文書」と言い続けてしまう。

以上のツイートは全て間違いを前提にしている無意味なものであることが確定した。なお、枝野幸男代表はこれだけ連投していたのに、公文書ではないと判明してからもう17時間以上も沈黙している。

冷静に考えれば当時はまだ公文書なのか、それともただのメモなのかは分かっていなかったのに、なぜ「公文書に違いない」と決めつけてしまったのか。おそらく安倍憎しの気持ちが先行して、自分に有利な証拠だからと気持ちが先走ってしまったのだろう。モリカケ問題では攻めどころがなくなり、安倍内閣の支持率も回復し始めていた。

以上、フォント中村に続きデマ野幸男が誕生した瞬間であった。

あわせて読みたい→愛媛県の中村時広知事、2014年にも怪しいメモで騒動を起こしていた

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (12)

  1. 彼にとっては公文書でなければならなかったんです。
    客観的証拠とか、真実は関係ないんです。
    これは「公文書」なんです。
    ?大丈夫か?
    駄目だよね・・・・

     
  2. いまだにこんな事やっているの?
    野党の頭自身がこの程度だから日本もしばらくは安泰
    野党は馬鹿のままがよい。そのほうが安倍政権も安泰

     
  3. 枝野は法律知らないんだよ。
    公文書管理法では、地方自治体は対象外なのだ。
    公文書管理法は、国、独立行政法人、国家行政組織法で規定された組織が対象であって、
    地方自治体は含まれない。
    地方自治体は、各地方自治体の条例で公文書を管理することになっている。
    だから、愛媛県の今回の文書に、公文書管理法を適用できない!
    無能枝野!

     
  4. 職員の備忘録が公文書になるとは、
    野党の皆さんは
    どういう立法を目指してるのか
    暗い世の中になりそうで怖いですよ

     
  5. 《 愛媛県の中村時広知事(通称フォント中村)が国会に提出した資料は公文書でないことが分かった。 》
         ↑
     何でわかったの? 根拠は夕刊フジの記事ってこと?
    記者の程度が低すぎて愛媛県の担当者の言ってることを理解できなかっただけの話じゃないか。
    このサイトの筆者(腹BLACKっていうのがペンネーム?)もまったくわかってないようだけど。

    この新たな愛媛文書は、たしかに「公文書等」若しくは「行政文書」でない可能性もあるが、
    れっきとした「公文書」だ。 
    「公文書」っていうのは、日本の公務員または公務所が職務上作成した文書のことをいうんだよ。

    平成21年に「公文書等の管理に関する法律」が成立したんだけれど、既に、大先輩格の「刑法」に 「公文書偽造等」155条「虚偽公文書作成等」156条「公用文書等毀棄罪」258条が存在していた。
    そのため、お役所の文書管理・保存を目的とした法律に則した「文書」の定義が必要になり、「公文書等」という、「等」がくっついた法律用語が生まれた。

    「公文書等の管理に関する法律」
    第8条 この法律において「公文書等」とは、次に掲げるものをいう。
    一 行政文書   二 法人文書   三 特定歴史公文書等
    8条1号の「行政文書」は、旧来の「公文書」の一部だ。
    もう少し詳しくいうと「公文書」のうち、行政機関の職員が「組織的に」用いるものとして、その「行政機関が」保有しているものを「行政文書」というんだよ。

    愛媛県の担当者は、正確には「公文書等ではない」若しくは「行政文書ではない」と言っていた筈であり、夕刊フジの記者のレベルでは理解できなかっただけの話だ。
    ついでに、加戸守行という薄汚い天下り爺も理解していないようだけど、この国会提出文書は「復命書」であって単なるメモではない。
    或いは、かなりボケがまわってるけど流石に長年役人を務めたんだから本当はわかってて、あなた達のような低教養層をだまくらかすつもりなのかもね。(因みに「伝言」であることが、欠陥のような印象操作を必死で試みているけれども、伝言であることと文書の真正((文書自体が本物であること))には何の関係もない。)

    《 これは当たり前だろう。それもそのはず書類はフォントや日付の記載方法がばらばらで執筆責任者の名前もなく、公文書と呼べるレベルのものではなかった。 》
         ↑
    何が当り前なの?
    「フォントの統一」「日付の前後」「文責名義の記載」は、公文書の成立要件ではない。そんなことも知らないで何気取ったこと言ってんの?
    「公文書と呼べるレベル」って何? 本当にアホなの?

    枝野は、書証(証拠物件である文書のこと)について、「私文書」よりも「公文書」のほうが証拠能力が高いという、何の変哲もない一般論を展開しているだけだ。

    「サイト情報」にある「法律系雑誌では編集責任者を担当。」って笑わせるなよ。
    このサイト、本当に嘘が大好きなんだね。

     
  6. なんか必死になっている人がいるな
    公文書だとして内容が荒が多すぎて信憑性にかけるだろ?
    出した本人は内容説明すらしないので怪しさに拍車をかけているし

     
  7. 絶対自民党もそう思って野党のアホを泳がせているよねw
    流石安倍さんは強かだぜ!

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!