netgeek

6

日大アメフト部、司会者の態度が悪すぎて炎上→元・共同通信論説委員長の米倉久邦と判明

腹BLACK 2018年5月24日
 

日本大学アメフト部の謝罪会見で、司会者の態度が悪すぎたと炎上する騒動が起きている。動画で確認すると確かにおかしな言動が目立つ。

一方的に質問を打ち切ろうとし、記者と口論に。

後にこの司会者は元・共同通信論説委員長の米倉久邦氏であることが分かった。米倉久邦氏は早稲田大学を卒業し、共同通信に入社。ワシントン特派員、経済部長、ニュースセンター長、論説委員長、客員論説委員と出世した。現在は日本大学で広報をやっているようだ。

米倉久邦氏の問題発言まとめ。

「もうこれ以上やっているときりがないし、大体同じ質問が繰り返されているのでこれで質問は終わり」

「それは後で言うと言っていましたのでやめてください」

「今はやりません」

「そういう質問はさっきから出てるんで」

「じゃあもうこれで終わりにします」

「後ほど?今からやりますよ(意味不明)」

※記者から「後ほどというのはいつ?」と聞かれて…

「全員からは聞けないですよ(怒)十分聞きました!」

「え”?十分聞きました!」」

「(この会見をみんなが)見てても見てなくてもいいんですけど」

「みんな同じ質問を何度も繰り返されたら迷惑ですから」

「もういいですから。喋らないでください」

※記者に向かって

「それは落ちません!」

※記者から「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」と言われて

言っていることが滅茶苦茶でさらに言葉遣いも酷く悪い点に注目。たくさんのカメラに囲まれて動画で撮られているのに、丁寧な対応をしようという意志が微塵も感じられなかった。

おそらく共同通信の職歴から若い記者を後輩とみて、説教するように話していたのだろう。元記者という意味では自分のほうが立場が上でプライドもある。だから譲歩することは絶対にしない。

結局、口論となった挙げ句、根拠のない断言をしてしまい笑われる羽目になった。

言ってしまえばただの進行役で脇役なのに、主役より目立ってどうする。

この司会者については橋下徹氏も苦言を呈した。

日本大学アメフト部の大人たちは会見にて言い訳にばかり注力し、謝罪の言葉は一度も発さなかった。つまり日本大学としては罪を認めていないということだ。司会者の強気な対応とも関係しているだろう。

その後、司会者はコントのようなオチをつけた。

「内田前監督が日大病院に23時頃に入院した」というニュースに続いて、「司会者も心労で日大病院に入院した」というニュースが流れたのだ。

元共同通信の米倉久邦、この名前はしっかりと覚えておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 日大はわざと炎上するように仕向けているのではないかとも思えるのだが。裏で危機管理学部の先生と学生が出番を待っていて、この窮状を見事おさめ、日大危機管理学部の実力を世間に見せしめる、というシナリオ。でなければ、ここまでやってはいけないことをやるとは考えられない。被害者や宮川君の今後が気になるが、一方で日大劇場の今後の展開に大いに期待してるぞ。

     
  2. 司会者が元マスゴミの人間・・・
    これ、バレ始める前に報道しなくなるかもしれませんね
    マスゴミに都合の悪いことは「報道しない自由」を乱用するのが常ですからね

     
  3. 昔、プロ野球の星野仙一投手は、闘志溢れるピッチングで有名だった。
    バッターの内角を執拗に攻め、バッターが文句を言うと、次は頭に向かって投げ、バッターが怒ると、再び頭に向かって投げた。そしてバッターが激怒すると、「何やお前!やんのか!コッチ来いやコラ!!」とマウンドを降りてバッターを睨み付け、恫喝した。
    これが闘志溢れるピッチングというものだ。
    最近の若者は「日教組」による反暴力戦後教育によって精神的に骨抜きになっている。こんな闘志溢れる若者など今はいないだろう。
    闘志というものは、日本人が北朝鮮・中国・韓国・北朝鮮や○○と闘って日本を守る上でも必要なものだ。
    日大の内田監督は若者に闘志を植え付ける為に、敢えて時代遅れのスパルタ教育をしたり、選手にラフプレーを指示したりしているのではないか?
    ネットギークさん、日教組の反暴力左翼プロパカンダ教育を信奉する「左翼テレビ局」の左翼プロパカンダ報道に騙されて、内田監督や日大を批判するのは止めた方がいいですよ。
    それじゃあ左翼テレビ局の森友・加計報道に騙されて安倍首相批判をする、情弱の団塊親爺と変わりませんよ。

     
  4. 花札氏、今の若者への偏見があるのでは?
    スポーツで成果を出している人もいるし、将棋の世界では藤井七段が活躍している

    内田監督や日大のくだりは詭弁とか言いようがない
    闘志ある人材を育成するのは意義があるけど芽を潰すようなやり方は不幸しか生まない

     
  5. ここは、しのごの保身の為の協議=提出書なぞさっさと止めて、
    日大アメフト部全選手がそろってTVの前で会見やればよろし。
    そこでの質疑に本当の事を話せば、決着が着く。

    困った問題は小さくしてはならない。
    大きくしていくものだ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!