netgeek

2

「ブサイクの遺伝子は自分で絶やす」 なにその決意かっこいい…

腹BLACK 2017年1月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

TBS系列で放送された「好きか嫌いか言う時間」で物凄く勇気ある決断をした女性が映ったと話題になっている。

その女性は顔面格差のひどさを訴えていた。

busaiku-tayasu

自分の容姿が普通よりも極端に劣っていると認めたうえで、子孫に迷惑をかけないためにブサイクの遺伝子を自分で絶やすことが使命だと考えているようだ。

このような大胆な意見を堂々とテレビに出て言うあたり、物凄い度胸を感じる。なんだかかっこよく見えてくるから不思議だ。なお、この女性は岩手医科大学の医学部出身で現在は脳外科医。エリート人生を歩むも、顔がよくないという一点で子供を諦めた。

▼TBSテレビ「好きか嫌いか言う時間」公式アカウント。「顔で得した人VS損した人」の対決とある。

容姿だけで人を判断してはいけないとよく言われるが、それでも人はまず見た目で判断してしまう生き物。下世話なテーマを主題に置いた番組が与えた影響は大きい。観た人からは賛否両論が飛び交った。

「ブサイクの遺伝子は自分で絶やす」賛成派

・自分も同じ思いをしている

・努力でどうにもならない

・気持ちがいいブスの正論

・みんなブサイクの苦しみをしらない

・整形でもどうにもならない

「ブサイクの遺伝子は自分で絶やす」反対派

・まず痩せるべき

・見た目だけが評価ポイントではない。この人は頭がいい

・昔の美人と今の美人が違うように、未来ではこの女性が美人かもしれない

・子供の顔が自分に似るとは限らない

・ブス専もいる

・外国でも美人扱いかもしれない

何かと平等が叫ばれるこの世の中は意外と不公平なことだらけ。理不尽な現実に対処する術がないとき、とるべき選択肢は逃げの一手なのだろうか。それはそれで負けのような気がしてしまうのだが…。

過酷な現実がブサイクを襲う。

fashion_face

otakufashion-1

mensetsu_kao

顔が悪いと恋愛のみならず就職でも不利。何をやっても悪く捉えられてしまう。例えば面接で顔がいい人が「分かりません」と答えると正直で誠実という印象になるが、顔が悪い人が「分かりません」と答えるとただのバカという印象になってしまう。

ブサイクは生まれた時点で人生ハードモード。子供に同じ苦しみを味わせたくないという思いも分からなくはない。それもまた優しさなのだろう。

netgeekではアンケートをとってみた。

やはり意見は分かれている。そこでnetgeekから提案。世の不平等をなくすため、「容姿端麗税」というものをつくってはどうだろう。今回テレビに出た女性がこれを機に政治家になって、ブサイクの味方になってくれたらそれはそれでけっこうな支持率を獲得する気がする。

あわせて読みたい1→ファッションは顔が全てということが分かる8枚の画像

あわせて読みたい2→人の印象は100%顔で決まるということが分かるイケメンとブサメンの格差事例11

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!