netgeek

3

「Windows10強制アップデートで仕事に支障が出た!金払え!」 裁判所「100万」 マイクロソフト「え?」 裁判所「100万」

Gil Pender 2016年6月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日、とうとう筆者もWindows10へ強制アップグレードされてしまった。しばらくパソコンが使えず非常に不愉快だったが、Microsoftに自分の身に起きたトラブルの説明メールを送ることで、ひとまず溜飲を下げた。しかし、アメリカでは実際に裁判を起こし、1万ドル(約100万円)をゲットする猛者が出現。これは訴訟が頻発する予感…!?

「Windows 10へのアプデートで仕事に支障が出た。Microsoftは損害賠償せよ!」

このように訴え出たのは、アメリカでオンライン旅行サービスを運営するテリー・ゴールドスタインさん。仕事で使っていたパソコンが急にWindows10へのアップグレード作業を始めたため、業務に支障が出たという。

▼ゴールドスタインさんの運営する旅行サービス「TRAVELS WITH TERI

win10_ okane(3)

ゴールドスタインさんによると、「アップグレードすることを許可した覚えはない」とのことだ。おそらく、更新を促すポップアップ画面は「×」ボタンを押しただけでも同意したとみなされるため、これに気づかなかったのではないかと言われている。

いずれにせよ、ユーザーに不誠実な仕様だというのは間違いないだろう。ゴールドスタインさんは、更新後にパソコンの調子が悪くなり、結局買い替えるハメになったと裁判所へ訴え出たというわけだ。Microsoftは「訴訟費用がかさむため控訴しない」と発表し、1万ドルの賠償金判決は確定した。

Windows 10アップグレードは、すでにあちこちで混乱を引き起こしていた。

参考:天気予報の生放送中にWindows10のアップデート画面が割り込んでくるハプニング。UZEEE!!!!!

参考:【注意】USBメモリを「安全に取り外し」しない人はWindows10にアップグレードするとデータが消滅する

最近も、Windows10アプデートのポップアップが引き起こした事故画像が、ネット上に色々と投稿された。

▼Twitterユーザーが発見した事故の瞬間。…こんなところにも。

win10_ okane(4)

win10_ okane(1)

▼バ、バスの行き先が見えない!!1日中この状態で一向に直らなかったという。

win10_ okane(2)

▼なんじゃこりゃああああああ。もはやウイルスの挙動そのものではないか。

windows10update_t

▼大学の講義中に教授のPCが大変なことに…。ひたすら待たなければならない。

windows10update_t1

これらの画像を見ても、あちこちで業務に支障が出ているのは間違いない。訴訟大国アメリカでは、今後同様の裁判が増加する可能性が指摘されている。なお、賠償金判決に危機感を覚えたのか、Microsoftは6月28日、更新を促すポップアップに「更新を拒否する」選択肢を加えることを発表した。正直、遅すぎる対応だとは思うものの、Microsoftを方針転換させるほどユーザーの不満が高まっていたともいえる。

ちなみに、すでにアップグレードされてしまったという人も多いだろう。元に戻したいという方はnetgeekの記事、勝手にアップグレードされたWindows10を元に戻す方法をご覧頂きたい。

▼世界中で有名になった天気予報中のトラブル。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. MSは裁判費用を理由に訴え返さなかったと言っているから
    大規模訴訟などの裁判費用以上の損失が出る場合は
    普通にユーザー環境検証しまくってMSが勝ちをもぎ取りに来るよ

    通知無しでアップデートはしてないから何で通知無視したのってね
    その通知にアップグレード予定時間もキャンセル方法へのリンクも書いてあるから
    それを見てユーザーが何もアクションを起こさないならアップグレードを許諾したと取られても仕方ない
    何らかのエラーでそれが表示されてない場合は別だけど

    それとこの記事で上げてるアップデート例はそもそも運用の仕方が間違ってる
    システムのアップデートを厳密に制御出来る組み込み機器用やビジネス用のWindowsがあるのに何故かパーソナル版使ってインターネットにまで接続している
    用途通り組み込み機器用やビジネス用のWindowsにしていればWindows10のアップグレードはされなかった
    アップグレードの対象外だから

    これだと通常のアップデートでも頻繁に再起動やダイアログの表示が出ていただろう
    運用側が使うOSの仕様や規約を見ずに使っていたのが明白だ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!