netgeek

1

【速報】五輪エンブレムがA案「組市松紋」に決定

腹BLACK 2016年4月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2020年東京五輪の公式エンブレムがA案の「組市松紋(くみいちまつもん)」に決定した。デザイナーは野老朝雄(ところあさお)氏(47)。

これが当選したエンブレム。

emblem_kumiichi3

今後はまた佐野研二郎氏と同じような盗作騒動が起きなければこれで決まることになる。もう税金が無駄遣いされるのはうんざりなのでスムーズにいってほしいものだ。

もっともこのA案は一般からの人気はそれほど高くなかった。いや低いといったほうが正確か。

▼最終候補として挙げられたエンブレム。

emblem_four7

▼netgeekがアンケートをとった結果、A案は3位だった。朝顔のD案が1位。

エンブレム選考委員は何を評価してA案に決めたのか、詳細はまだ発表されていない。ただどうしても一般人気からの乖離があるという事実は避けられない。

東京五輪会場入口イメージ図は葬式のような雰囲気。

emblem_kumiichi (2)

果たして本当にこれでいいのか?市松模様は江戸時代に広まったチェッカーデザインをあしらった日本らしさ溢れるデザインということらしいが、外国人にその良さが伝わるかどうかが不安だ。ロゴは何を表しているかがぱっと見で分かるほうがいいと思うのだが…。

五輪エンブレムについては他にも秀逸な案がいくつか提案されていた。

▼キングコングの西野がデザインした蝶のエンブレム。

emblem_nishino (1)

参考:キングコング西野がデザインした非公式エンブレムがかなりいい出来。これでいいじゃん!

▼netgeekで開催した非公式エンブレム総選挙で最多票を取ったエンブレム。

emblem_touhyou (3)

参考:みんなで決める非公式エンブレム投票会、ついに開催!!!

▼ネット上で人気が高かった扇のエンブレム。

olympic_ougilogo34

▼今さらながら、A案なら佐野研二郎案のほうがまだ良かったという声もあがっている。

sanoemblem

また、元審査委員の平野敬子さんはA案だけ明らかに異質で審査員が誘導していると疑っていた。今回A案に決まったことで事前の指摘通りの結果に…。

emblem_four12

参考:五輪エンブレム元審査委員の平野敬子さんが出来レース疑惑を指摘。「A案に誘導している」

佐野研二郎氏のときは審査員とコネで繋がりまくっていることが分かり、キックバックを受け取る裏約束などがあると疑われた。野老朝雄氏は大丈夫かと心配になる。1点あると発表され、問題視された謎の敗者復活案はどれだったのだろう。

▼野老朝雄氏。

emblem_kumiichi4

現在は武蔵野美術大学非常勤講師。直近のデザイン代表例は大名古屋ビルヂングの外装デザイン(三菱地所)。東京造形大学を卒業後にロンドンに留学し、建築デザインなどに携わる経歴をもつ。世界中の人が買うエンブレム入りのグッズは億単位の権利収入を生むので数十億~数百億を獲得したことになる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!