netgeek

18

キングコング西野の「負けエンブレム展」に応募された8つの秀逸なデザイン

腹BLACK 2016年4月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

キングコング西野氏が独自に主催した負けエンブレム展の結果発表が「『負けエンブレム展』大賞発表」にて行われた。大賞はなんと西野氏が自分でつくった蝶のデザインというウケ狙いのオチだったのだが、レベルの高いデザインがいくつか見られたので8作品を紹介したい。

前回の記事: 「落選した1万4千もの五輪エンブレム案がブラックボックス化で隠されているのはおかしい」 キングコング西野が「負けエンブレム展」を自腹で開催

あなたは直感的にどれが一番気に入るだろうか?8つの中から選びながら見ていって欲しい。

1.飛翔

7b4504d8-s

満月、三日月を金箔と銀箔で表現した。カラフルに添えた花びらもいい感じ。

2.魂に神秘のパワーが宿る

41e7ea2c-s

勾玉、桜、銀杏をモチーフにした美しいデザイン。立体感ある球体は目を引く。

3.Spread Your Wings

8e39b1b1-s

折り鶴と日の丸を組み合わせた。

4.日ノ鞠

1dd1c110-s

鞠をモチーフに太陽と月、太陽・月、地球を表した。

5.TOMOE – Athlete Spirit−

cba6ee25-s

魂が巴のように躍動する様子。組市松紋と同じチェッカーデザインだ。

6.東京へ舞い降りる。そして、目標へはばたく。

0fbbd615-s

日の丸の鶴がより高きを目指す姿。流線型の「TOKYO2020」の文字にも注目。

7.結ぶ

ef801d2d-s

日の丸と水引を組み合わせた。

8.鶴、舞う。

b6f35249-s

鶴で情熱と爽やかな風をつくった。シンプルさを極めた作品。

以上8作品、気に入るものはあっただろうか。当選したエンブレムより優れたデザインのものが多くて驚いた。

▼1万4599作品から当選した「組市松紋」。事前評価は高くなかったが選ばれた。

emblem_kumiichi3

やはり選考はコネと利権で汚れた自称プロのデザイナーが行うのではなく、一般人からの投票で決めたほうがよかった気がする。オリンピックは選手を応援するだけでなく、みんなで参加してつくっていくのもまた楽しいのだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (18)

  1. 個人的には、日ノ鞠です。
    実際のエンブレムは個人的に一番ではありませんでした。
    なんか利権が見え(見栄)隠れして、オリンピック自体の熱も、冷めてしまいました。

     
  2. 絵として綺麗なものとデザインとして優れているものとは別物。
    このサイトで挙げているものはグラデーションや装飾が複雑。そのため様々な場面でシンボル的に用いられるのには向いていないと思われる。
    一般投票だとそのあたりを考慮に入れず投票してしまう人が多いだろうから
    委員会で最終決定が行われたのは妥当と言えるのではないだろうか。
    とはいえ不透明さに不信感は残る。

    あいかわらずこちらのサイトのライターさんは浅慮がすぎますね(^ ^;)

     
  3. エンブレムとイラストを勘違いしている。
    鞠とか色を使いすぎててありえない。

     
  4. イラストとしては◎、エンブレムとしては△。
    カラーだったらとてもいいが、エンブレムはモノクロになるときもある(印刷的に)ので、そうなると分かりにくい上、表記しにくい。その点、今回決まったエンブレムは、面白くはないが、モノクロならまあいいんじゃないか。レベル。個人的には今回のエンブレムをカラー印刷の時はグラデーション可、モノクロのときはそのままっていうのが1番いいと思ってる。まあ、若者(私は高校生)の意見は反映されないので、決まったものとして受け入れるしかないです。

     
  5. 8つ全部『エンブレム・デザイン』として駄目だし
    キングコング西野を好きという時点でセンスが無い

     
  6. 当選したエンブレムより優れたデザインのものが多くて驚いた。

    この意見に驚いた。何を持って優れていると?

     
  7. どれも色やグラデ、単体で大きく展示した時のインパクトでごまかしている感じがする。
    実際は別のロゴと並んで使われたり、色で表現ができなかったり小さくしか表示できなかったり。オリンピックエンブレムは視覚的に「2016年TOKYO オリンピック」を表現できるシステムを考えることがお題目だと思う。
    7、8はどっかで見たことある感じで「2016年TOKYO オリンピック」のエンブレムとしてはちょっと…。

     
  8. もともと、選ばれたエンブレムがいいと思っていたけど、これを見て、さらにその素晴らしさがよく分かった。こんなのばかりなら選ばれて当然。

     
  9. 面白い記事ですね
    延々と流れる糞装飾デザインの後に
    スッキリとした幾何学デザインが目と頭の保養になり、
    最後の捨て台詞のような駄文が良いシメになっております

     
  10. まさにグラデに使われている酷いデザイン多いw。まぁ西野が選んでいる段階で論外w

     
  11. 西野一派のやつは全部ヤンキーの車についてそうなデザインだった。同時にデザインを学ぶってことは大事だと思った。今回正式に決まったデザインの、オリンピック、パラリンピックのエンブレムが同じ構成要素でできてる意味、理由について考えたりできないのかな?そこまで教養がないのか。。

     
  12. 8つのデザイン全てがちょっと…と感じざる得なかった。

    他の人も指摘しているけど、結局8つのデザイン全てが「エンブレムの機能性」を無視してる。
    ついでに言うなら、「日本のオリンピックで有るシンボル性」が無いのも有るし。(鶴のデザインとかがそう)

    「絵的な美しさ」は決定したエンブレムより有るんだろうけど、必要なのは「機能的なデザイン」であって。
    機能性デザインを理解していない人が投票に携わってない事が幸いしてると思う。

     
  13. 意味のない戯言 2016年5月1日 at 1:47 AM

    これは最高に下品な記事だと思った。
    オリンピックのエンブレムの意味合いをまったく理解していないのだろうか?
    まず、一般公募という行為自体間違っている。
    私は今回、あの組市松紋のエンブレムに決まってよかったと思う。
    他の3つはイラスト心はあるが話にもならないと感じた。
    いささか色合いが地味だとか、紋章みたいだという意見があるが、そんなことどうでもいい。
    私は今回の件でこんなにもデザインに対する姿勢が世間とデザイナーとでずれているのかを体感し、絶望を覚えた。確かに一般に使われるロゴやイラストはそういうことを勉強してなくても伝わり、共感を得てこそであるが、そもそもそんなにデザインや美術に興味がないくせに、こういう時になると騒ぐ、ワールドカップで大暴れをしているような浅はかな人間が大嫌いだ。、
    あの組市松紋は建築だ。ロジカルだし、何より空間や今後の展開まで考えられている。別にタオルや缶バッチやTシャツに映えるとかいう話をしている訳ではない。
    メディアの情報の流し方も嫌いだ。作者の人柄なんてこの際、関係ないだろう。前の一見があってからそこを露骨に晒し始めた。私はあのデザインの可能性や汎用性をもっと世間の人に知ってもらいたいのだ。

    あと、一つ言いたい。
    キングコングの西野の負けエンブレム展だが、これはいろいろなことが分かったうえで行っているアンチテーゼなのか、はたまた無知をさらけ出した悪ふざけなのかわからないが、一回埋めた死体を掘り返すようなこのやり方には怒りしか覚えない。

     
  14. デザインの仕事、勉強をした人は、絵を描くこと以外にも、デザインというものが誰のためなのか、何のためなのかの勉強や、印刷するときにどの色が効果的で安定してるのか、様々な印刷物になる際に、どこまで細かい線やデザインが表現できるのか、
    実際の仕事となれば、どんな媒体になるのかなど様々なことを頭に入れ、それを考慮しながらデザインを作成します。
    ただ単に思いつきや「これかっこいいじゃん!」なんて単純発想で仕事してません。
    個人的には、写真と同じく、デザインも引き算であると考えます。華やかな服装は一見美しく見えますが、TPOを選びます。シンプルかつ強いデザインは色々な場所で目を引くことが出来ます。

    今回のエンブレムに関しても色々な方が文句を言っていますが、その文句のつけ方が明らかな素人指摘です。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!