netgeek

0

シャープのTwitter、このタイミングで新卒採用を告知するという激ムズな仕事を神がかり的にうまくこなして応援の声を集める

腹BLACK 2016年3月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

3000億円超と予想される偶発債務が見つかったことでついに産業革新機構が見放し、鴻海との交渉が唯一の生命線となったシャープ株式会社は3月1日、2017年度新卒採用を開始したとTwitterで告知した。

常識的に考えれば、会社自体が傾きその存続が危ぶまれる中で新卒を採用するなどもってのほか。

SHARP_stock4

多数のリストラを決行した直後であり、また下手すれば未来ある学生の内定取り消しにもつながりかねない。この一手についてはどうしても批判は免れないだろう。

参考1:【衝撃】経営危機に陥っているシャープの社員が「ここ3年で年収が180万円減った」と暴露

参考2:膿出しされた元シャープ社員「今までの年収を維持したい」 ハローワーク「紹介できる職はありません」

しかし、「日本企業で最もTwitterの使い方が上手」と評判のシャープのTwitter担当者はこの困難な仕事をうまくこなした。あなただったら新卒採用のお知らせをどのような文章で告知するか、この先は考えながら読み進めてほしい。

まずシャープが投稿したのは以下のツイート。言われるであろう言葉を先に言ってしまう戦法だ。

シャープのことを叩こうと思った人もこれではツッコミようがない。このツイートはむしろバッシングされるどころか、大量のリツイートで応援され、「頑張ってください」「シャープ推してます!」「JALも危ないときに採用したけど大丈夫だったからね」などと励ましのリプライが相次ぐこととなった。

シャープのTwitter担当者は続けて独自の仕事観を「推しらせするのが仕事です」という言葉で表現。

難しい担当者の立場を理解したフォロワーたちはこちらにも励ましの声を多く寄せ、ぬくもり溢れる雰囲気が生まれたのであった。言葉一つで多くの人間の心を動かすとはもはや一流のコピーライターのような仕事っぷりだ。さすが日本一と評されるだけのことはある。

日本を代表するシャープ株式会社、ここが踏ん張りどきだ。

謙虚に、そして与えられた任務を愚直なまでに正しく遂行しようとするシャープのTwitterを見ていると前向きな気持ちが生まれてくる。振り返ってみればシャープの電化製品を家で使っているという人は多いはず。今はAppleのiPhoneに押されている携帯電話もJ-PHONEからカメラ付きケータイを出して一世を風靡したのはシャープだった。

▼シャープという社名の由来はシャープペンシルから来ている。全てはここから始まったのだ。

SHARP_stock1

シャープ株式会社、過去10年の株価推移。

SHARP_stock

失敗のケーススタディとして経営の歴史を紐解けば、経営危機に陥っても少し方向性を変えただけで大逆転した例は多数ある。スティーブ・ジョブズが戻ってきてから新しいiMac、iPod、iPhoneでイノベーションを起こし続けたApple、死滅状態のSNSを傍らにスマホゲームにモンスターストライクで参入し爆発的ヒットを生み出したmixiあたりはシャープの未来を明るいものに見せてくれる事例だと言えよう。

▼株式会社ミクシィ、過去10年の株価推移。

mixi_stock

苦しい時こそ明るく前向きに。日本を代表するシャープを応援したい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!