netgeek

0

【速報】小保方晴子のSTAP細胞論文に捏造疑惑が浮上!別論文の画像と完全に一致!!

腹BLACK 2014年2月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

STAP細胞で一気にノーベル賞候補となった時の人、小保方晴子が執筆した過去の論文に捏造疑惑が持ち上がった。マウスのリンパ球に刺激を与えるだけで、体のあらゆる細胞になる多能性を獲得するという夢の様な成果は本当に夢だったのか。

stap3

浮上した疑惑はいずれも他者の研究からの画像の転用で、要するに研究成果が出なかったのででっちあげたのではないかと各専門家から指摘されている。実験で出た結果ではなく、PC上で作り上げたデータならばこれは大問題。現在、海外のサイトでも大いに議論になっている。

7b1ca97302877b61a0725e19cdbe44ea 8d4232b0f4c7084afcfcc66e57af2d45

画像の向きや角度を変えて転用するのが得意のようだ。

22586860c1a3017d39d3d9daf8475ca9

619fd13fe09af346cae4d2c6265dca7c

再現実験ではすでに8例が失敗しており、残り1件関学の関さんが検証中だった。しかし、2/16の朝に次のようなツイートがなされた。

これはさすがにおかしいということで理化学研究所も調査に乗り出したようだ。

小保方晴子さんの学生時代のエピソードを聞く限りでは、なにか思い通りにいかないことがあると妄想の世界に逃げこんでしまう性格のようだ。

「小保方晴子」高校時代は中の中でちょっとイタい子!
(週刊新潮 2014年2月13日号)
http://shinchosha.co.jp/shukanshincho/

haruko
先週号の週間新潮に気になるエピソードが書いてあった東邦大東邦の同級生によると彼女は思い込みが激しく、好きな男子と付きあってもいないのに、付きあっている記憶になっていた 「不思議ちゃん」だって
「思い込み」や「夢」と「現実」を混同するタイプかもしれない
「当時は、後に国立医学部に進学したバレー部の秀才にずっと片思いしていました。彼にはその気がなかったようですが、彼女はとても思いが強く『もう諦めたほうがいいよ』と忠告する友人たちに『もう彼女だもん!』と泣きながら食ってかかり、ハラハラしたほどです」(同級生)

過去の写真使い回しは間違いなく、おまけにSTAP論文では誰も追試験に成功していない。博士論文捏造はほぼ確実であろう。

2/27、追記

【続報】
STAP細胞、小保方晴子の論文にコピペ盗用が見つかった!!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!