netgeek

15

【炎上】佐野研二郎エンブレム原案はヤン・チヒョルト展からパクったことが判明!同時に佐野研二郎が展覧会に行っていた証拠も見つかった!

腹BLACK 2015年8月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「実は佐野研二郎氏がコンペに応募したデザインは元は違うものだった」。オリンピック委員会がそのように説明して公開した原案について、また新たな新事実が判明した。

まずは銀座で開かれた20世紀モダン・タイポグラフィの巨人ヤン・チヒョルトの展覧会の画像をみてほしい。

sanogenan_pakuri (5)

Jan Tschicholdの頭文字をとってJ・Tと掲げられた旗に、佐野研二郎氏がつくったエンブレム原案とそっくりな「T」の文字が確認できるではないか。パーツ、配置ともに完全に同じだ。

展覧会は2013年11月にDNP銀座ビルggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で開かれたもの。

sanogenan_pakuri (6)

もちろん佐野研二郎氏の応募よりも圧倒的に早い時期だ。

▼チラシ。デザインを担当したのは武蔵野美術大の白井敬尚教授ではないかと言われている。

sanogenan_pakuri (2)

▼Tの真ん中の部分を写真にしたバージョンもあった。

sanogenan_pakuri (1)

▼別の角度から見た展覧会の様子。

sanogenan_pakuri (3)

佐野研二郎氏の原案と同じ形とはいえ色使いが違っており、実に気品溢れる美しいデザインであるように感じられる。佐野研二郎氏はこれを転用して完全に劣化させたのだ。そしてここからに最も注目してほしい。

これについては、すでに偶然の一致ではない証拠が見つかっている。佐野研二郎氏が会社のアカウント「MR_DESIGN」でヤン・チヒョルト展についてツイートしているのを発見したのだ。

sanogenan_pakuri (1)

なお、MR_DesignのTwitterについてはすでに退会済みなので、このキャプチャ画像は一般人がリプライしているもののキャッシュデータからとってきた。今になって思えば、パクリ騒動が起きる前に佐野研二郎氏がTwitterとFacebookを退会したのは、やましい気持ちがあり証拠隠滅を図るためだったのではないだろうか。

また、ヤン・チヒョルトはこんなタイポグラフィも作成していた。

sanogenan_pakuri (4)

今回のJ・Tのフォントはここからもってきたものだ。

▼そしてなぜか、佐野研二郎氏のエンブレム案も「先にアルファベットができて、そこからTOKYOのTを選んだと説明していた」。

sanoken_alphabet

展覧会に行っておいて、ここまで図々しい真似ができるとはなんと厚かましい性格なのか。もう言い逃れはできない。この件についてちゃんと説明してほしい。

続き→「個人攻撃止めましょうよ」と佐野研二郎を擁護していたデザイナー、確たる証拠を目の当たりにして自分が攻撃し始める

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (15)

  1. これはもうヤバイね。ここまでそっくりなものがあったとは。
    それにしてもヤン氏のデザインには美しさがある。
    それはやはり配色もあるがパーツのバランスだろう。
    佐野氏の方は9等分したマスに線引いて塗りつぶしただけだから。
    やはりデザインは重要だわ。

     
  2. 佐野氏が提出したのは原案があり、そう言って審査会側から提出されたデザインがヤン氏のロゴデザインと殆ど同じ。
    パクリと称された佐野氏の入賞デザインが、ベルギーの劇場のロゴに似てると言って端を発したこの騒動なのに、「入賞者本人が提出した元デザイン」として審査会側から提出されたデザインが、今度は又別の人のものと色使いまで似ており、しかも、先の騒動の対象デザインよりも更に似かよってるって、一体何がどうなっているのか?
    そもそも、ベルギーの劇場ロゴをパクったのではなく、自らも参観して身近なヤン氏のロゴをパクっただけなのかも。(見てる側も麻痺気味で、「パクってるだけなのかも」と表現してしまいました・・・)

     
  3. ヤン氏のロゴをパクったとするなら、ベルギーの劇場ロゴをパクったというのは難しくなる。原案+亀倉エンブレム=決定案と考える方が自然。
    ヤン氏のロゴをパクったのなら、その方が劇場ロゴのパクリより問題だとは思うが。

    あと、前の記事にもあった「先にアルファベットができて、そこからTOKYOのTを選んだと説明していた」これは事実ではないでしょうに。

     
  4. 理解できないです。そもそもよくわからないのが、原案を修正したというプロセス。Tの文字を使った原案を審査に出したら、審査委員会がそれを採用したうえで修正を要求したんですか? 採用したうえで修正を要求するっていうことがあるんでしょうか? 修正しなければならないような案が一番よかったということ? そしてその次に起きたことが、修正を要求された佐野氏はその修正だけでなく、A-Zまでのアルファベットと0-9の数字など全てを新しくデザインしてその中からTを選んだものを再提出したんですか? Tをデザインした原案の修正を要求されたときに、他の文字までデザインしたと言っているんですか? 原案のほうのA-Z 0-9のデザインも公開されているんですか? 

     
  5. もうさっさと認めて消えてくれ。
    ここまで世界に恥を晒して、オリンピックなんかどーでもいいわ。

     
  6. もうとにかくここまで大事になったのだからさっさとボツにして誰か優秀なデザイナーにバトンを渡せばいい、というのが一般的な意見ではないだろうか。そしてこの佐野さんには国民、いや世界中の人が納得するそれなりの精算をしてもらいましょう。かつて話題になったデマ作曲家も立派な会見開いたでしょ?

     
  7. つじつまが合わないね。元々原案なんてなかったのかもしれない。
    ベルギーの騒動のあと、次々と問題が出てきたので、他はともかく五輪だけは正当なロゴだとしたかったんだろうね。それで採用後修正を加えたと言うストーリーを作って急遽必要なものを用意したと考えるのが自然。
    ところが用意したものが、商標登録で似ている物を探して作ったもんだから、商標登録されてないヤン・チヒョルト展のロゴに似ている事まで気づかなかった。
    佐野自身も展示会に行ったことは覚えてても、そのロゴまで覚えてなかったんじゃないかな。
    タイポグラフィだけならいくらでも言い訳できるし、批判されても文字には著作権ないからね。
    後からストーリーを作ったというのが明確なのは、公開された日付が違うはずの選考時の写真の服が同じだとか、佐野のプレゼン資料(これもパクリ写真w)のJOCイベントの写真もロゴの選考が去年のはずなのに、イベント自体が今年行われてるとか、もうムチャクチャ。

     
  8. 人間には、無意識という世界がある。芸術とか文学とかは必ず独自の発想といっても誰かの
    素案が入って、それをその時代にアレンジしている場合が多い。大証時代の文豪といっても
    石川啄木とか夏目漱石とか、本当のオリジナルを出している人しかオリジナルとして残っていない。その時代の大文豪でも時代が変わると返りみられない。それが現実です。
    佐野さんが、他人の真似をしたといっても本当に盗作したのか、それらの要素を組み合わせて作品にしたのか、難しい。私個人の感じとしては、盗作ではないような気がする。
    いずれそれらの作品は、次の世代に感銘を与えるかで決まる。だれか1000円で私にポスター打ってくれないか。ベルギーの作品は残らなくても佐野さんの作品が、次の世代に残るような気がする。案外希少価値で30年後に100萬になるかも

     
  9. Olympic(スーパー)のキャラクター トコトンと 
    TBSテレビのキャラクター BOOBO

    どちらも黒い豚なんだけど TBSの方は 佐野氏デザイン
    とっちが先なんだろ・・・
    気になって仕方ないんだが・・・

     
  10. 佐野のパクリは、確信犯として日常的に行われている。
    この手のメディアに出演した者勝ちーってタイプは、調べれば調べるほどいろいろ出てくるね~

    佐藤可士和とか、武田双雲とか 胡散臭い感じが前からしてたけど・・・
    なるほど、ググっただけでも大量に出てくるね~

    本来、クリエイターは裏方の職業。
    メディアに顔をがんがん露出するタイプは、だいたい怪しい。

    ネットワークは、この際潰した方が日本とオリンピックのためにもよい。

     
  11. え、じゃあベルギーのロゴはいったい何だったの?
    佐野がヤンヒチョルトからパクったのだとしたら、ベルギーのロゴとヤンのロゴが似ているのは何で?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!