netgeek

0

タピオカおじさんの自作自演疑惑、Tapista関係者が否定

netgeek 2019年6月5日
 

世間を騒がせたタピオカおじさん騒動にステマ疑惑が浮上し思わぬ形に発展している。Tapista関係者がはっきりと疑惑を否定した。

前回の記事:タピオカ屋の社長、「可愛い店内におじさんがいて嫌だった」と書かれてしょんぼり

女性は実在するのか?

出典:https://twitter.com/moe_5378/status/1134806132076105728

話の流れはこうだ。タピオカドリンク屋「Tapista」の中野正機社長がヘルプで店内にいたところ、顧客の女性から「おじさんがいて嫌だった」とTwitterで投稿されてしまう。ネット上では「可愛いタピオカ屋におじさんがいては駄目なのか?」と女性に疑問を投げかける声が飛び交った。

だがその後、女性のTwitterアカウントが不自然だと指摘され始め、中野正機社長が仕掛けたステマという可能性が浮上した。

現在ネット上で飛び交っている見解は以下の通り。

・該当の女性はツイートが少なくて不自然

・店におじさんがいるだけで愚痴るのは不自然

・マツエクモデルの予約申込みの間隔が短すぎる

・登場人物が広告関係者ばかり

・IDの「@saki_msu」は「中野正機(masaki)」のアナグラム

・少し前に騒ぎになったボールペンや安全ピンも自作自演がバレた

・中野正機氏はタピオカ屋というよりダーウィンホールディングの代表取締役

・密かに広告を仕掛けるのは得意なはず

問題の投稿を行ったのは「さき」という女性で、アカウント取得は2017年8月。

ツイートはほとんどなく、過去の投稿ではネイルやマツエクの予約リプライが多く確認された。

果たしてこのさきという人物は実在するのか?炎上してからもなぜかツイートを削除せずに堂々としているように見える。

Tapistaの関係者が自作自演を否定。

穿った見方が飛び交う中、Tapistaのプロデュースを担当する辻愛沙子氏がはっきりとステマではないと否定する投稿を行った。

さらに中野正機社長もTwitterで周囲と会話する中で「(ステマと疑われていることについて)ちゃんと事実を世間に知らしめて」「明石さんがRTするから…」などと投稿し、ステマ疑惑を否定している。

これを受けて新たに、ライバル店が嫌がらせとして投稿した逆ステマである可能性も指摘され始めた。当初、世間の反応がポジティブだったのは中野正機社長の対応が上手かったからであり、一歩間違えればTapistaが非難されていたかもしれない。

いずれにせよ真相は分からず、確認するのも難しい。この記事では結論は出さず、ひとまずTapista関係者が否定したという事実を紹介するにとどめておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!