netgeek

5

【炎上】NHKの新ドラマ「フェイクニュース」に「お前が言うな」とツッコミ殺到

腹BLACK 2018年8月20日
 

NHKが北川景子を起用した新ドラマ「フェイクニュース」を10月に放送することが分かった。偏向報道が目立つNHKだけにネット上で批判されている。

主演、脚本ともに豪華。

筋書きは、フェイクニュースと戦う記者を特集したもの。

(1)中年男性がSNSに投稿したつぶやきで炎上騒動が起きる

(2)ネット上でフェイクニュースが飛び交う

(3)大手新聞社からネットメディアに出向してきた女性記者(北川景子)が真実を追い求める

放送は2018年10月20日(土)前編、10月27日(土)後編、土曜よる9時から9時49分。

出演は光石研、永山絢斗、矢本悠馬、新井浩文、岩松了、杉本哲太。脚本は「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」などを手がけた野木亜紀子。

「フェイクニュース」という言葉はトランプ大統領が使ったことでここ数年で一気に普及した。時流をうまく捉えて題材にしたのは面白い試み。良くも悪くも波紋を呼ぶ作品になりそうだ。

他方でネット上では「NHKがやるべきドラマではない」と批判の声も聞かれる。

参考:バノン前首席戦略官「NHKは日本のCNNに違いない」 NHKのインタビュー中に激怒

事実上アメリカのナンバー2と言われたスティーブン・バノン(元首席戦略官)がNHKを名指しで「NHKは日本のCNNに違いない」「NHKはフェイクニュースだ」批判したのは印象的だった。

もしNHKが自戒の念を込めてドラマを制作したのならいいが、もしフェイクニュースを自分には関係のない他人事のように捉えていたのなら問題だろう。

なお、脚本を担当した野木亜紀子は世間からツッコミが入ることも想定済みだったようだ。

あらすじとツイートを総合して考えるに、ネットメディアの記者がフェイクニュースに気づき、テレビ、新聞、世間の間違いを正していくということだろうか。問題提議や社会風刺も織り交ぜられた作品のような気がする。

民法からNGが出た問題作ということで注目が集まるドラマ「フェイクニュース」、良くも悪くも注目が集まっている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. ネットは基本信用ならない情報ばかりだけどテレビや新聞は真実を報道している体で誤報やらかすのが質が悪い

     
  2. 一応、内容は追求しようと思ってる。
    「大手新聞社(朝日)の記者がネットの嘘(TVではない)を追いかける」と言う清々しいまでの偏向報道っぷりにボヤにニトロぶち込んだような炎上を期待している。
    悪い意味で視聴率は取れそうだ。

     
  3. ネットは基本信用無いのを前提に見てる人が多い。
    TVは老人方とかソレしか見れない人が多分に含まれる。
    この状況下で生コンとか切り貼り印象操作とかパスポート蓮舫とかアウトな案件が多すぎる。
    ネットがフェイクだらけなのは認めても、オールドメディアがマトモなど、絶対認めん。炎上しろ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!