netgeek

10

爆笑問題・太田光、「だって裏口入学だもん」と2000年に発言していた

腹BLACK 2018年8月8日
 

日本大学芸術学部演劇学科に裏口入学した疑いがある爆笑問題・太田光について、2000年のラジオで裏口入学を認める発言をしていたことが分かった。

前回の記事:【速報】爆笑問題の太田光、日本大学芸術学部は裏口入学(800万円)だった

週刊新潮の記事に対し、太田光は疑惑を否定。

週刊新潮は日大関係者の証言を得て「ホテルで事前に入試の問題を見せて答えをレクチャーした」「謝礼は800万円だった」と話していた。

これに対し太田光は疑惑を否定。妻であり事務所社長の太田光代も訴訟を起こすと宣言した。

しかしながら、18年前の2000年3月2日、「ナイナイANN」にてゲストとして招かれた爆笑問題の太田光が裏口入学を認める発言をしていたことが分かった。

問題の発言は54分27秒。

日大の入試で暴れたけど合格したというエピソードを話す太田光。周囲が驚く中であっさりと受かった理由を明かす。

読者ハガキ「爆笑問題の太田さんに質問です。太田さんは大学入試の試験会場でものすごいことをしたらしいですが…」

太田光「ものすごいことって…。大騒ぎしてた。入試のときに試験官とかいるじゃない?ああいうのにツッコんだりしてた」

岡村隆史「自分が受験生で?」

太田光「『やい!おい!笑わせろ!』とか言ってた(笑)」

岡村隆史「マジですか」

矢部浩之「一人で?連れとかいないんでしょ?」

太田光「いないいない(笑)」

田中裕二「周りの受験生にもツッコんでたよ。『ばーかお前ら受かるわけねーだろ!』とかさ」

矢部浩之「それはおかしい者扱いされてますよ~(笑)」

岡村隆史「でも受かったんでしょ?」

太田光「受かった。裏口だもん」

一同「ははは(笑)」

冗談として言ったとも解釈できるが、声のトーンが本当のことを話しているように思える。

週刊新潮と太田光の訴訟争い、勝つのはどちらなのだろうか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (10)

  1. 裏口であることも当然問題だけど、試験会場でこんなことしてる奴って間違いなく○○○○の類だろ・・・
    しかもブーメランとか、どれだけネタ提供すれば気が済むんだこいつ

     
  2. 夫妻と田中3人とも真性のキチガイなんだよな。3人とも自分だけがまともで後の二人がキチガイだと本気で思ってるとか。

     
  3. あはは、「冗談として言ったとも解釈できるが、声のトーンが本当のことを話しているように思える。」
    netgeekって揚げ足とりでもこんなレベルなのか……。

     
  4. 取り敢えず爆笑問題カーボーイにお便り送って18年前の発言の真相を太田に語らせろ。

     
  5. 「18年前の発言はギャグなんですか!?本当なんですか!?」……なんて、おもしろくなさすぎてこちらのセンスが問われるようなお便り誰も送れないでしょう……。
    それに、爆笑問題のファンならみんな声のトーンでわかります。
    太田さんは裏口やってます。

     
  6. その芸すら能が無いんで…
    コイツの話で爆笑なんてしたことないし、爆笑問題から裏口問題に改名したほうが適切では?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!