netgeek

8

【炎上】熱中症に配慮しない終業式、教師の精神論に生徒が抗議する

腹BLACK 2018年7月25日
 

夏休みに入るということで学校の終業式が行われるこの時期、体育館で行われる終業式に生徒たちが抗議の声をあげている。

体育館がサウナ状態。

猛暑の中での熱中症対策ということで複数の学校が終業式を放送でのみ行うという取り組みを行っている。だが、それでも終業式を体育館で開いた学校のほうが多かったようだ。

(1)熱中症対策の話をする行為自体が熱中症を生む矛盾。

(2)学校は酷いことになっているようだ。

(3)先生の指示がおかしい。「仰ぐのは見栄えが悪い」と完全に精神論。

(4)暑い体育館で2時間も!

出典:https://twitter.com/makotopic/status/1020899566407729152

その後、各地の学校で熱中症で倒れる人が続出しているとニュースになる。生徒だけでなく先生もその場にいたのだから、こうなることは予見できたはずなのに、なぜ例年通り終業式をやってしまったのか。

Twitterで文句を言った生徒たちのほうが圧倒的に正しい。そもそも終業式など形だけの儀式であり特に意味はないのだから生徒を熱中症にしてまで行う価値はない。

精神論で凝り固まった教師は真摯に反省すべきだろう。

おまけ。

熱中症対策として塩を舐めさせている鳥取市立南中学校。教室に冷房がないので代わりに塩を置いている。6年前に養護教諭が提案したというが、本当にこの対策でいいのだろうか?やっていることが原始的すぎる気がする。

あわせて読みたい→所沢市長「学校にエアコンつけたくない!子供は汗をかくほうが健康に良い」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. まぁ教師のほとんどは凡人か、一般社会人以下だからね。
    サラリーマンになったら使えない代表みたいな奴らも多い。

    利益を上げるって概念がないから知恵が働かないよね。
    マニュアルに従うアルバイトの子くらい思考停止ばかり。

     
  2. だって社会を知らないままいきなり先生なんて呼ばれる人種なんだからこうなるよね

     
  3. だけど、一度社会人になると、そこから教師の世界に入るのは違いが大き過ぎてつらいばい。

     
  4. エアコンが効果的なことは当然だが、学校には老朽化対策を含み予算の確保で悩んでいる。
    エアコン設置後のランニングコストと合わせて、遮熱塗料で熱侵入を抑制する手段を取り入れることをお薦めする。
    温度2~4℃抑制効果あり

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!