netgeek

5

マネーの虎で高橋がなり社長(年商60億円)が語った「オタクを雇ってはいけない理由」が物凄い説得力

腹BLACK 2015年12月6日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

かつて一世を風靡したテレビ番組「マネーの虎」で、最も筋の通った発言をするとして評価の高かった高橋がなり社長。過去に「オタクと仕事をしたくない」とバッサリ発言したことがある。その理由は一体何だったのだろうか…。経営者、人事業務に携わる人、面接官を任される人にとっては、がなり社長の思考が大変勉強になるので是非紹介したい。

その日の志願者は、アニメのキャラクターを印刷した等身大抱きまくらでビジネスを興したいという人物だった。

dakimakura1

dakimakura2

dakimakura3

今でこそキャラクターものの抱きまくらはごく普通の商品になったが、当時は時代の最先端をいく斬新な発想だった。キャラクタービジネスとして目のつけどころはいいものの、高橋がなり社長は険しい表情を崩さない。その理由は「オタクとは一緒に仕事をしたくない」という下手すれば「あまりにもひどい偏見だ!」と炎上しそうな理由…。だが、そう断言するにはちゃんとした理由があるという。

高橋がなり「僕ね、色々な人間と付き合ってきて、オタクの人を一言で言うと、『自分の感情を優先する人』って思ってるんですよ」

takahasiganari_kigurumi1

「他人の感情よりも自分の感情が優先なんです。オタクは他人のことあまり見ないんです。他人の気持ちは関係ないんです。そういう人を僕はオタクって呼ぶことにしてるんだけど、あの…僕は組みたくない」

オタクは自分のこだわりが強すぎるがために一度雇ってしまうと仕事がスムーズに進まなくなる。周囲と合わせることもなく、ほとほと使い道に困る。多くの社員を抱える高橋がなり社長は過去に痛い目にあってもうオタクは雇わないと決めているようだ。

ただし、オタクはすごい能力を発揮することもあるから成功する可能性もあるとフォローする。

takahasiganari_kigurumi2

「いい作品をつくる人もいるんですよ。自分の感情についてはすごく研究しているから」。そして志願者には最後にこんな言葉を送った。「あなたは一人でやる分にはコツコツとできる人だと思います」。しかし、裏を返せば他人と協力してチームワークで仕事をすることはできないということか。オタクは会社員になってしまうと自他共に不幸になってしまうのかもしれない。

動画もご覧あれ。

https://youtu.be/LDPk3Ctxulo

この高橋がなり社長の発言については本質をズバリと突いていると賞賛する声が多い中で、「オタクに対する偏見!」などと反発する声もあがり、賛否両論が巻き起こっている。アニメオタク、鉄道オタク、ITオタク、アイドルオタク…。一重にオタクといっても好きになるジャンルは様々。ただその特性は指摘があった通り、自分のこだわりを最優先する人だといえよう。あなたは面接をしているときに相手がオタクであることに気づいたらどうするだろうか?

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. やっぱりどのジャンルの仕事でも協調性がないと成り立たないでしょう。一人だけそっぽ向いてると調子が狂う。おたくは自己中な奴が多いから。

     
  2. どんなジャンルだろうとそれに執着して傾倒する人を指す言葉がオタクなので、自己中心的なのではなく傾倒してる事柄中心にしか考えてないだけ。
    健康やスポーツや料理みたいな一般的に好かれやすい趣味でもオタクレベルまで行くと嫌がられるのは当然

     
  3. 何故に「オタク=高橋がなり氏が挙げた人物像」と断言できるのか不思議。
    そういうオタクも確かにいるけど、
    高橋氏が出会ってきたオタクが偶々ダメな部類ばかりだったんじゃない?
    その人を使いこなせなかっただけだったり、扱うスキルが弱いだけだったりということも。
    仮に該当者が部下や外注だったのなら、偏った思考の相手を採用した先のことなんて
    容易に見通せるから、挙げられたような嫌な思いを事前回避することは可能で、
    「採用→失敗→後悔→オタクへの固定した印象」のような無駄なサイクルは繰り返さない。
    それはもう「人を見る力」以前のレベルの話なんだけどね。

     
  4. がなり氏の挙げた人間像、こういった人間を排除していった企業がどうなっていくかって最近答えが出始めてると思うんすよ
    上の奴隷だけじゃ今の時代勝てない

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!