netgeek

2

【炎上】500万人の個人情報が中国に。禁止されている再委託を㈱SAY企画がやらかす

腹BLACK 2018年3月20日
 

日本年金機構からデータ入力業務を請け負った株式会社SAY企画が禁止されている再委託をよりによって中国の業者に行っていたことが分かった。

マイナンバーや配偶者の年間所得額など、個人情報がダダ漏れに。

現時点では流出は確認されていないというが、中国の業者が信用できるとは到底思えない。転売すれば大儲けできる個人情報なので流出するのは時間の問題だろう。

株式会社SAY企画は500万人分の個人情報を日本年金機構から預かり、自社でデータ入力を行っていたが、思ったように作業が進まず、やむを得ず再委託を選んだとみられる。

これは厚生労働省の落ち度でもあるだろう。大事な個人情報なのだから委託先の監査までしっかりと行っておくべきだった。

株式会社SAY企画は以前よりデータ入力が遅れがちで、トラブルが起きていた。

入力誤りなどがあり、6万7千人が年金をきちんと受け取れなかったのだ。

NHKは業者の名前を出していないが、すでにSAY企画と判明した。

フジテレビは「SAY企画」と名指ししてビルを映し出す。

株式会社SAY企画(東京都豊島区東池袋1-48-10 25山京ビル1011号)は切田精一代表、資本金5,000万円、従業員80名。日本年金機構は現時点で「調査中なのでコメントを差し控えたい」と事実上のノーコメントを貫いている。

モリカケ問題よりもはるかに重要度の高い不祥事。500万人分ということで規模があまりにも大きすぎる。

続き→【年金の個人情報が中国に】SAY企画の切田精一社長がおこなった2つの反論

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 500万人分のマイナンバーは再発行。
    切り替えて続きに要する費用は全額SAY企画に請求すべし

     
  2. 官僚の天下り先だからロクな仕事が出来ないのか?w
    減った年金は官僚の給料かクソ高い退職金から差し押さえでいいだろ(笑)

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!