netgeek

1

【炎上】朝日新聞が発言を切り取って印象操作「昭恵夫人が権力者だから(と籠池理事長が思っていた)」

腹BLACK 2018年3月20日
 

朝日新聞が財務省の太田充理財局長の発言を卑怯に切り取り、印象操作に手を染めている。籠池菌に感染して頭がおかしくなっているようだ。

誘導的な見出し。

参考:理財局長「総理夫人ということ」 昭恵氏の名記載の理由(朝日新聞)

記事を全文読めば朝日新聞がどう誘導したいのかがよく分かる。要するにこう言いたいのだろう。

「決裁文書に国会議員でもない昭恵夫人の名前が載っているのは総理夫人という権力者だから。つまり森友学園に値引きしたのは昭恵夫人で、今回、理財局長もその権力を認める発言を行った」

しかしそもそも理財局長の言葉を全て聞けばそういう意味ではないことが分かる。ポイントは籠池理事長がしきりに昭恵夫人の名前を出して交渉を有利に進めようとしており、その発言記録が決裁文書に残っていたということだ。

実際の会話では理財局長が後から補足説明を加えている。

共産党・小池晃議員が鬼の首を取ったように大騒ぎしているのが非常に子供じみている。太田充理財局長は籠池理事長の発言なのだと補足で説明しているのに、朝日新聞は発言を切り取って読者を騙そうとした。

朝日新聞の記事では最も重要な「籠池理事長が発言した」という部分が紹介されず、小池晃議員の主張が中心に取り上げられている。最後にアリバイ作り程度に安倍総理の主張を紹介しているが、それならばなぜ理財局長の発言を紹介しなかったのか疑問に残る。

安倍総理はこれより前に「妻にそんな権限はない」とはっきり断言しているし、野党の議員も理解しているはず。それにもかかわらず、理財局長の言葉を自分たちの都合のいいように解釈するのはおかしい。

早速釣られる立憲民主党が痛々しい。

すでにネット上では理財局長の動画が拡散され、真実が広まっている。改めて振り返ってみれば朝日新聞の人間が以前、内部リークした通りに話が進んでいるではないか。「昭恵夫人を悪者にして倒閣運動を行っている」というのはまさにその通り。

参考:【森友文書】朝日新聞のS氏が内部リーク。100%予言どおりになっている…

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 朝日新聞にしたら
    これくらいの捏造編集は朝飯前でしょうねぇ
    色々と過去経験済みでしょうし

    逆にに考えたら
    捏造しないと新聞社としての事業の足元が
    断崖絶壁、目の前なのでしょうね

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!