netgeek

2

安倍総理「朝日新聞は哀れと書いたのは私です」国会で朝日の捏造歴を晒し上げて反撃開始

腹BLACK 2018年2月13日
 

安倍総理がFacebookで朝日新聞のことを「哀れ」「惨めな言い訳」「予想通り」と書いた件について、国会でその正当性を追及される場面があった。

ここぞとばかりに朝日新聞の前科をまとめて紹介する安倍総理と笑う麻生大臣。

まずは問題の投稿から確認しておきたい。安倍総理は和田政宗議員の投稿において朝日新聞をボロクソに批判するコメントを投稿した。

前回の記事:安倍総理「朝日新聞は哀れ。惨めな言い訳。予想通り」

森友・加計学園問題で支持率が低下したこともあり、安倍総理はこれまで一貫して丁寧な説明を試みていたのだが、支持率が回復したこのタイミングで一気に反撃を開始したということだ。

さて本題はここから。安倍総理の反撃は国会でも見られた。

まず希望の党の今井雅人議員が「朝日新聞、哀れですね。これ本当に総理が書かれたんですか?」と追及する構えを見せる。

これに対し安倍総理は自分が書いたと答えたうえで、朝日新聞のこれまでの悪事を一気に紹介。投稿内容はあくまで正当な主張なのだと理路整然と語った。これはおそらく多くの日本国民が納得するところであろう。

▼動画(早送り版)

安倍総理が語った内容まとめ

・朝日新聞は過去に「私がNHKに圧力をかけた」という報道をしたが捏造だった

・検証して誤りに気づいたのに訂正はなし。謝罪もなし

・珊瑚礁にKYと書いたのは朝日新聞のダイバーだった。社長が責任をとったのか?

・吉田証言の騒動では調書が出てきてやっと謝った

・朝日新聞は日本の誇りを傷つけた

・安倍晋三記念小学校はデマだったのに朝日新聞は謝罪も訂正もしていない

・原本を確認するという最低限のこともしていなかった

・このような流れがあるからこそ呆れた

・言ってしまえば今回の朝日新聞の対応は予想通りだった

今井雅人議員は一体何がしたかったのだろうか。

野党でありながら、わざわざ安倍総理が反撃するチャンスをつくってあげたという印象だ。「これは総理が書かれたのでしょうか?」というナイスパスで怒涛の反撃ラッシュが生まれた。

あわせて読みたい→「こんな珍答弁、私は日本人になって初めて聞きましたよ」 希望の党・今井雅人が口を滑らせる

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 対応が予想通り

    この一言 重い‼

    でも なかなか
    スカッとする内容だった

    野党連合の今井議員は
    どういう 踏破を考えていたのか?

    テレビ側も
    編集を
    はい 私です
    で終わらせても
    潔さで 後味悪いから
    多分 カットかな

    安倍総理が(SNSで)朝日新聞を侮辱 とか見出しになるのかな

    テレビとしては 寧ろ しどろもどろになってくれれば
    採用率高いけど
    これは 基本的にカットするよ 報道側ならね

    でも 逆に 最初をカットして
    答弁になっていないようにするのも 有り得る

    どういう 出し方すると思う?

    素直に全部流すテレビ報道はない
    断言する
    だから 全部カットか
    改竄するか

    そのどちらか

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!