netgeek

3

【炎上】朝日新聞「暑い。放射性廃棄物の崩壊熱だろう」→廃棄物はまだ運び込まれていなかった

腹BLACK 2017年12月28日
 

ドイツ中部にある原発廃棄物の処分場を取材した朝日新聞が記事を公開した後、Twitterにとんでもなく勘違いした見解を投稿してしまい謝罪に追い込まれた。

「処分場が暑いのは放射性廃棄物の崩壊熱のせいなのでしょう」

出典:https://twitter.com/asahi_tokyo/status/945413849225850881

問題の投稿を行ったのは朝日新聞東京報道編成局のアカウントでキャラクターの「コブク郎」の名がつけられたもの。リンク先の記事には「地上の気温は0度近いのに、処分場では汗が噴き出した。100m下るごとに3度気温が上がる。坑道内は機械で空気を循環させているが、袋小路は風が届かない」という内容が書かれていた。

Twitter担当者はこの暑さの理由が放射性廃棄物にあると考えたようだ。だが記事には「処理場は2022年からの運用を目指している段階」と書かれており、フォロワーの間で混乱が広がる。結局、放射性廃棄物はまだ運び込まれておらず、担当者の誤解だということが判明した。

該当アカウントはその後、周囲からの抗議に対して誤りを認めて謝罪・訂正した。

▼「朝日新聞東京本社の報道・編成局長室のアカウント」とある。

普通ならちょっとした勘違いということですぐに謝罪・訂正すれば大事にはならないのだが、朝日新聞は小川榮太郎氏に訴訟を提起して周囲から批判の声が高まっている最中。朝日新聞で論説委員を務める高橋純子氏が発した「エビデンス?ねーよそんなもん」という言葉も拡散され、その矛盾した姿勢が反感を買っている。

参考:エビデンスがないと小川榮太郎を訴えた朝日新聞、「エビデンス?ねーよそんなもん」と言っているのが見つかってブーメラン

最後に朝日新聞VS小川榮太郎氏の争いについて、有識者の意見を紹介しておきたい。

(1)ジャーナリストの有本香氏。

(2)虎ノ門ニュース「海老デンスは大事だと思います」。美味しそう。

出典:https://twitter.com/toranomon8/status/946220406582665216

(3)評論家の石平氏。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 結論のために記事を書くからフェイクが生まれる
    朝日もフェイクを発信するサイトとなんら変わりない

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!