netgeek

5

エビデンスがないと小川榮太郎を訴えた朝日新聞、「エビデンス?ねーよそんなもん」と言っているのが見つかってブーメラン

腹BLACK 2017年12月27日
 

小川榮太郎氏が出版した書籍「徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」に事実無根の内容が含まれているとして5,000万円の損害賠償と謝罪広告を求めて訴訟を提起した朝日新聞について、論説委員の高橋純子氏がとんでもない一言を言っているのが見つかった。

朝日新聞が小川榮太郎氏に訴訟を起こしたと公表したのは12月25日のこと。朝日新聞は森友・加計学園問題で捏造や虚報を行ったことはないと反論し、名誉や信用が毀損されたとして東京地裁に訴え出た。

参考:森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞

他方で同じ日に公開された日刊ゲンダイの記事が波紋を呼んでいる。

朝日新聞で論説委員を務める高橋純子氏が日刊ゲンダイのインタビューに応じており、その中でもとりわけ「安倍政権の気持ち悪さ伝えたい」「エビデンス?ねーよそんなもん」という一文が目に飛び込んでくる。

どうやら高橋純子氏は昔から自分の主張を伝えるためならエビデンスがなくてもいいという考えをもっており、安倍総理のことを気持ち悪いと思っているとのこと。日刊ゲンダイのインタビューから問題箇所を抜き出してみた。

安倍政権の振る舞いや政策を正面から論じても読者はピンとこない。政府もヘッチャラです。なぜなら、向こうは百も承知で「人づくり革命」「1億総活躍」をはじめとする、欺瞞的で、人間を道具扱いするかのごときキャッチフレーズを次々と繰り出してはばからないからです。欺瞞を正面から論破するのは難しい。だから「なんか嫌だ」「どっか気持ち悪い」などといった自分のモヤモヤした感情をなんとか言葉にして読者に伝えないと、権力に対峙したことにならないんじゃないかと思うんです。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220001/5

安倍政権はぷよぷよしたゼリーみたいなもので包まれている感じがします。いくら批判しても、吸収されたり、はね返されたりしてしまうもどかしさがあります。

人間のルサンチマンをあおって利用するなんて、政治家として絶対にやってはいけないことだと思います。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220001/7

あらゆることを損得の基軸に落とし込もうとする安倍政治が、私は嫌い、というか、なんか悔しい。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220001/9

冒頭の「エビデンス?ねーよそんなもん」という言葉は、朝日新聞のコラムをまとめた書籍「仕方ない帝国 」(高橋純子著)で確認することができる。表紙は安倍総理の顔をコラージュしたもので非常に不気味という印象。

出典:https://twitter.com/tanji_y/status/945584636230434816

小川榮太郎氏の主張にエビデンスを求めた朝日新聞が同じタイミングでエビデンスなく安倍総理を「気持ち悪い」「欺瞞」などと批判するのはブーメランではないか。他人に求めることが自分はできない。矛盾という言葉がぴったり当てはまる。

また高橋純子氏は2009年にとんでもない誤報を出して「報道と人権委員会」から誤報認定されていたことが分かった。朝日新聞も事実無根と認め、該当部分と一部記事を削除したうえで謝罪している。

参考:派遣切り、限界集落…そこに「共産党」―ルポにっぽん(朝日新聞)

記事で批判された元組合長が人権救済の申し立てを行い、「報道と人権委員会」が調査していた。

記事の末尾には「高橋純子」と署名があり、続いて追記で「この記事で一時、奈良県川上村の元森林組合長(85)が、民主党と共産党との「選挙協力」を「主導している」とあるのは、事実ではありませんでした。元森林組合長や関係者におわびし、関係する記述を削除します」とある。

喉元過ぎれば熱さを忘れる。

このような失敗を経験したにもかかわらず、高橋純子氏は2017年の出版本で「エビデンス?ねーよそんなもん」と堂々と書き連ねている。本当に反省しているのなら、この箇所は間違いなく削除しているはずだろう。

もはや朝日新聞は偏屈な政治活動団体。メディアとしては完全に終わっている。

ちなみに「仕方ない帝国」はAmazonのカスタマーレビューで低評価の集まり方が凄いので是非一度は見てほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. エビデンスねーよの件は、それ自体の文脈が全然違う所で使われてるので、深追いは危険。それこそ無理矢理、アサヒ批判に繋げてる感あり。そういう人であるというのは、大体合ってるのであろうが。

     
  2. エビデンスよりもおのれの「もやもやした」「気持ち悪さ」こそが正しい、と断言しておられる。
    偏向を越えて洗脳された頭で感じる「気持ち悪さ」は貴女だけのものかもしれない、という当たり前の感覚の持ち主なら当然気がつくであろうことに思い至る気配の無い人間が、記者として少なからぬ影響力を持っていることの方が余程「気持ち悪い」事実なのだが。

     
  3. エビデンス?ねーよそんなものってのは、購読者に対しての感覚を語ったものであって
    記事を書く時の話ではないって感じだし、まさにフェイクニュースなんじゃないかな
    この記事の写真を見ても前後の文脈でなんとなく分かるはず

    この高橋順子とかいうゴミみたいな記者や、大手メディアが畜生のような報道をしてるからと言って、同じやり方はしてほしくない
    少なくとも訂正する記事を書かなければこのサイトも朝日新聞と同じレベルだと思う

     
  4. 朝日と言えば、売り上げの落ちていた朝日ジャーナルのテコ入れのため、編集が女性中心になった時期があった。しかし、そのテコ入れもむなしく売り上げが持ち直すことはなく、朝日ジャーナルは廃刊にされ、新たにアエラという雑誌が創刊された。この間、記事は急速に気持ち悪いものなっていった。そこには腐った魚を触るような気持ち悪さがあった。

    全盛期の朝日ジャーナルの記事にはなかったものだ。朝日ジャーナルは明らかな左翼工作記事とはいえ、何と言うのか、少なくとも硬質なイデオロギーの欠片のようなものがあった。朝日に何があったのか知らないが、その後の朝日は、新聞も雑誌もTVも一様に、廃刊前の朝日ジャーナルやアエラのような気持ち悪さに染まっていった。

    確かに、○○社員の増加と、中国共産党サヨクや主体思想系サヨクなど大陸史観サヨクが、時間の経過とともに朝日内部を大きく侵食していったのが大きな原因だと思うが、サヨク女の関与が増していったことも朝日を気持ち悪いものにしていった大きな原因なのではないかと思う。記事や番組構成から論理性が排除され、非常に感情的、生理的になっていったからだ。

    朝日ジャーナルとアエラの変異によく似ている。おそらく、この高橋純子もその類だと思う。東京新聞の望月イソ子、社民党や民進党系女性議員にも同じようなものを感じる。やがて、人権やジェンダー、皇室問題、ハラスメント、少子化、高齢化社会などが、こうした生理的に気持ちの悪い粘々した言葉で語られるようになっていった。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!