netgeek

3

Eテレが24時間テレビの偽善に喧嘩を売る

腹BLACK 2017年8月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本テレビで放送された「24時間テレビ」についてEテレ(NHK)がその番組内容に真っ向から疑問を唱えている。

バリバラは障害者目線に立った番組。感動を押し売りしないことで有名だ。

出典:https://twitter.com/MITSUBA_KOIWAI/status/901750483659792384 https://twitter.com/FOX_CHIEF/status/901752755403988994

障害者というと何かと目標に向かって懸命に頑張る姿がテレビで放映されるが、実際はそんなに純粋ではなく、楽をしたいし文句も言うのが実情なのだという。大半は問題なく日常生活をおくれているので障害を乗り越える必要性を感じておらず(そもそも努力してどうにかなる問題ではない)、できれば努力しないで生きていきたい。

バリバラではそんな障害者の無理をしない姿をありのまま紹介することで24時間テレビの感動を売るやり方に以前から疑問を唱えていた。

調査によると障害者の感動的な番組に喜んでいるのは一部の健常者のみで、障害者の9割は「嫌い」と感じていることが分かった。

これは非常に興味深い調査だ。要するに当の主役たちは日本テレビがやっていることは偽善と気づいているということだ。障害者だって普通の人間なのに、やたら感動を求められるようになってしまったのは24時間テレビの影響が大きいと言えるだろう。

明石家さんまとビートたけしが24時間テレビに出ないのは偽チャリティということを見抜いたから。

▼明石家さんまが「ギャラは寄付して」と伝えたら拒否された。納得がいかないビートたけしも出演を断った。

▼24時間テレビのスタッフが点字ブロックを踏みながら撮影している様子。これはまさに物事の真実を表している。

障害者が嫌う番組を健常者のためにせっせとつくる日本テレビ。ボランティアを装いながら金儲け優先で、出演者に高額なギャラを支払う余裕があるのに募金は視聴者から集める。こんなことではテレビはますます衰退していくだろう。

あわせて読みたい→【放送事故】24時間テレビで富士山に挑戦させられた両足マヒの子がどつかれているのが映る

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. カイジの鉄骨渡りと全く同じだという話に納得する

    24時間テレビ:目が不自由な人を泳がせたり足が不自由な人に登山させて、番組スタッフは安全なスタジオ内で感動
    カイジ:人生に不自由してる人たちが命をかけた鉄骨渡り。VIPたちは安全な室内で感動

     
  2. 面倒臭い
    かまわなかったらかまわなかったらで
    文句言われるから関わりたくない。
    知らねーよが本音だ
    テレビ業界が莫大な寄付をしてから募金を求めろと。

     
  3. オブジェクション 2017年9月2日 at 12:18 PM

    点字ブロックを踏むのが何が問題なのか?

    確かに放置自転車なんかは困るが、人がいるなら声をかけて誘導すれば良いだけの話。

    netgeek編集部もわかっているようでわかっちゃいない。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!