netgeek

8

橋下徹「安倍総理は疑惑を否定していたのに民進党は追及した。今の玉木雄一郎はブーメランでしょ」

腹BLACK 2017年8月21日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

加計学園問題の追及が思わぬ形で玉木雄一郎議員にはね返ってきている。蓮舫のブーメラン芸が民進党内で感染したようだ。

橋下徹「玉木雄一郎っておかしいよね」

脛に傷がある身でありながらなぜか堂々と国会で安倍総理を追及していた玉木雄一郎議員。後に加戸前知事の証言で安倍総理の潔白が証明され、最後に残ったのは玉木雄一郎議員の獣医師会癒着疑惑だけになった。

しかもただの疑惑ではなく確たる証拠が出揃っている。100万円の献金を受け取ったうえで獣医学部新設に反対したのは本人も認めている事実なのでもはや黒といっても過言ではない。このように国民から疑念の目でみられる人物が安倍総理を追及するのは不適格だった。

青山繁晴議員はこの点について「安倍総理への追及は政治献金を受け取っていない人がやるべき。あんたは100万円の献金を受け取ったんだから」と肩を強く叩きながら批判していた。

参考:青山繁晴が玉木雄一郎を公開処刑「あんた100万円の献金貰ったんでしょ(肩バチン!)」

互いに笑顔でありながら非常に熾烈なバトルを繰り広げる様子は視聴者の目を釘付けにした。玉木雄一郎議員は「やましいことは何もありませんから」と言うのみで、疑惑については詳細に説明しない。唯一「父は獣医師免許を持っていますが今は農協の仕事で、弟はITの仕事なので獣医学部新設とは無関係です」と説明した部分は嘘と判明した。正確には父親は獣医師会の副会長であり、弟は今も獣医師の仕事をしており、どっぷりと利権に絡む立場にあった。

足立康史議員は玉木雄一郎議員に宣戦布告する。

加計学園問題の意味合いが変わってきた。獣医師会、文部科学省そして玉木雄一郎議員。これまで攻撃する立場にあった者たちが防戦一方に。同じ疑惑といえども安倍総理はお金は受け取っていないが、玉木雄一郎議員は受け取った。ブーメランを食らうのは自らが間違ったことをしているからだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. 森友、加計といい確固たる証拠も無く風評、伝聞で一日5億円掛る無駄な国会を開会しろと騒ぎ立て、挙げ句にてめえが獣医師会とズブズブ、よくも恥ずかしく無いな!こんな議員を咎め立てもせずナアナアの党指導部、潰れろ民進党、政党としての存在価値は無い!

  2. 産経も朝日も皆んな偏向 報道だ。自分たちの主張に都合のいいことしか書かない。ちゃんとした取材の元に報道していない。こんな批判の応酬ばかりしていて、この国はいいのか?国を憂い、人々に尽くせる人はいはいのか?

  3. 黙れキチガイ弁護士!橋下を支持してるのはアホだけ。こいつは何言っても根拠が全然無いし、ブーメランも橋下だし、というか、おまえが言うな以外に何もないわ。支持者は支持者で工作ばかり!恥さらし!

  4. 何を根拠にそのような暴言を吐いているのですか?
    貴方は正常な人と思えないのでカウンセリングを受けることをお勧めします

  5. 玉木を支持してるやつはさすがに品がない馬鹿が多いな。
    だからいつまで経っても与党になれない馬鹿集団で、それを支持しているのも馬鹿たちで、結果馬鹿のスパイラルの中でグルグル回っている(笑)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!