netgeek

6

【流出】ミスドのパワハラ説教がクーポン券の裏紙でバレた

腹BLACK 2017年8月5日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ミスタードーナツから受け取ったクーポン券の裏側に社員向けの説教が書かれていた。1人の女性客が証拠写真をアップした。

そこにはパワハラな説教が…。これは絶対に外部に流出させてはいけないものだ。

▼表面。「au三太郎の日280円券」。au STARの利用者は3が付く日にコラボ企業の商品が貰えるのだ。

▼しかし裏面を見るとそこにはとんでもない文章が!

内容をざっとまとめると以下の通り。

・ろくに働かない社員が増えている

・ブラック企業があるならブラック社員もいる

・この仕事を選んだのは自分自身

・休みが欲しければ飲食業は選ばなかったはず

・公務員や超一流企業希望ならばもっと勉強していい学校に行っていたはず

・自分の能力の低さを棚に上げて企業批判をするな

文章の末尾にはご丁寧にも片桐という名前が…。社内で何があったのかは分からないが、相当きつい表現の説教であることは間違いない。見たところ元はメールの文章のようだ。ということは誰かがわざわざ印刷してそれをクーポン券に転用した?スタッフが内部のSOSを社外に届けるためにわざとやったという可能性が脳裏をよぎる。

他の断片も調べればメール全文が読めるようになるのだろう。社員のサボりを咎めるのはともかく、飲食業の劣悪な労働環境を改善しようともせず、勉強不足や出身校の批判をするのはいかがなものか。一線を越えた人格批判に踏み切っているともいえる。こうした説教は効果がないだけでなく無駄に不信感を抱かせることになるのでやってはいけないのに…。

au三太郎の日では長蛇の列ができていた。

出典:https://twitter.com/new1dezaia/status/893516724728872960

auとのコラボということで各店舗は大変忙しくなっていた。過去にはソフトバンクと吉野家の提携が原因でスタッフが多忙を極め、スタッフがついにブチ切れてしまうという事件も起きていた。

参考:「うじゃうじゃ来るなタダ飯乞食どもが」 吉野家バイトがSoftBankユーザーにブチ切れ

事実関係を総合するに、上司が「社員のサボり」と表現したのは実は正当な休みの要求だった可能性がある。店の全責任を負う店長やマネージャーレベルには現場で働く社員の疲れや精神状態が分からないのだろう。

長年、客から愛されるミスタードーナツだけに、社員からも愛されるように改善を図ってもらいたいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 権利だけ主張してロクに働かないブラック社員やブラックバイトが増えてるのも事実なんだよな。

     
  2. この文言に間違いは全くないと思います。

    私も飲食店で働いていますが、自分で希望してボランティアではなく

    お金をいただいているのですから普通のことです。

    従業員以外の目に触れたのはダメです。意図的ですかね。

     
  3. 少しくらいのことでパワハラ、パワハラ主張するな!!
    もっと自分に厳しく生きろ。

     
  4. なんでもかんでもブラックとかパワハラとか揶揄するのは頭が足りない証拠。

     
  5. >店の全責任を負う店長やマネージャーレベルには現場で働く社員の疲れや精神状態が分からないのだろう。

    飲食店経験者ですが、バイトや社員が休んだ場合のヘルプに入るのは店長やマネージャーですよ。
    休みがさらにない状態なのは、店長やマネージャーだと思います。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!