netgeek

11

【朗報】再春館製薬所がTBSひるおびのスポンサーから撤退

腹BLACK 2017年8月5日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

捏造や偏向報道がやけに目立つTBS「ひるおび」について、再春館製薬所がスポンサーを降りていたことが分かった。

現在、番組を確認すると再春館製薬所の名前がなくなっている。

ネット上では「偏向報道に嫌気が差して撤退したのかもしれない」という噂が飛び交う。ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所にとって、ワイドショーの視聴者層はターゲット層と合致するが、ブランドイメージに無駄に傷をつけるのは避けたいはずだ。

ここ最近はひるおびのスポンサーに抗議する動きが広まっていたため、先手で対策をとったということなのかもしれなに。

すでに複数の人がスポンサー撤退を確認している。

(1)日本のこころ 衆議院東京都第七支部代表の吉田康一郎氏「すでに降りたとのこと」。

(2)実は3月の時点で撤退していた。

(3)再春館製薬所に直接問い合わせた一般人も確かな事実だと証言する。

スポンサーを降りた理由にひるおびの偏向報道が関係しているのかどうかは不明。しかしながら少なくともひるおびにとっては大ダメージであることは間違いない。この調子でスポンサー撤退が続けば、偏向報道を止めざるをえなくなる。

Twitterでは、P&Gに抗議している最中だとメールのやりとりを公開する者も現れた。

出典:https://twitter.com/poo_taro/status/893664993853415425

いくらテレビ局に苦情を入れようとも受け流されるだけで効果があるかどうかは怪しいがスポンサーへの抗議は的確な効果があり、さらにテレビ局も最も嫌がる行為だと言われている。ひるおびは今、BPOへの告発とスポンサーへの抗議という2つの攻撃を受け、窮地に立たされている。

安倍政権はそんなに悪いことをしただろうか?数字で確認すればアベノミクスは確かな効果を出している。

景気回復によって多くの日本人が恩恵を受けているはずなのに、一方的に安倍総理を敵対視し、事実を捏造してまで安倍総理バッシングをする者がいる。ひるおびは今後、痛いしっぺ返しを受けることになりそうだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (11)

  1. 再春館製薬所は昔は○○団でした。現在は右翼の製薬会社です。地元では恐れられています。
    よっぽど就職先がない場合以外、普通の家庭の子女は家族や知り合いから就職は反対されます。

  2. >なんか今の流れで、降りたっぽい見出しだけど、今年の3月かよ。
    こういうパヨクみたいなこと止めてほしいよな
    つーかここよくポカするから実はパヨクサポーターなんじゃないかと思ってる

  3. 景気よくなった?一部の富裕層と公務員が恩恵承っだけだろ。しかもそれらと今回の加計問題とはまったくの別だ。

  4. スポンサーを降りた時期は3月だが、2月には森友問題が始まってた。
    今の流れにいち早く対応した降板だったのではと思う。

  5. この記事書いた人は、どんだけ自民党大好きなんだろう?
    「ひるおび」より、この人の方がよっぽど偏向していると感じるのは自分だけなんだろうか?

  6. この記事やメディアについて、偏向報道ではないかと気になってしまうのも情報を伝える側がより個人化しているからかなーと思いました。この場合、ネット記事というのは個人が書くものなので偏向報道云々とはベクトルが違うかなーと思います。
    しかし、テレビというメディアは少なくとも複数人が関わって成り立っているものです。スポンサーの意向が含まれているにしろ、複数人が関わっているのに報道に1つの個性や個人が見えているというのはある意味危険なのでは?と思います。

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!