netgeek

0

橋下徹「俺の出自は散々いじったのに蓮舫の戸籍公開は差別!?ダブルスタンダードいい加減にしろ」

腹BLACK 2017年7月19日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

蓮舫の戸籍公開は果たして差別を助長するのか、それとも日本の政治家に対する正当な資格確認か。橋下徹氏が自身の体験を基に正論を吐いている。

「ダブルスタンダードいい加減にしろ!」

橋下徹氏は過去に自身の出身地や父親のことが週刊誌に面白おかしく書かれ、理不尽な攻撃を受けたことがある。今、差別を理由に蓮舫を擁護している人たちはなぜあのとき声をあげなかったのか?一連の行動は矛盾しているという指摘だ。

橋下徹氏の怒りの追及は止まらない。続いて有田芳生氏の名前をあげて証拠を提示したうえで辞職を求める投稿を行った。

こうして事実関係を確認すれば有田芳生氏がダブルスタンダードであることは間違いない。自分の都合のいい時は攻撃するくせに、いざ攻撃される側になると差別を理由に矛盾した言行をとるようになる。

似たような事例は自民党・小野田紀美議員の二重国籍騒動でも確認された。小野田紀美議員はけじめをつけるために戸籍謄本を公開したのに、蓮舫側の人間は誰も「差別を助長する」と騒がなかった。

参考:「蓮舫の戸籍公開は差別を助長する」と反対する人たち、ではなぜ自民党・小野田紀美の戸籍公開はスルーした?

偏った思想の持ち主が状況に応じて都合よく言説を変える有り様にはもはや呆れてしまう。民進党の蓮舫代表に日本の政治家としての資格があるのかどうか確認するのは国民の真っ当な権利であるのに、差別と騒ぎ立てて戸籍謄本の公開を拒むのはいかがなものか。

冷笑すべきは蓮舫自身もダブルスタンダードなことだ。

稲田防衛大臣には責任を取ることを求めておいて、いざ自分の問題が浮上すると嘘をついて誤魔化し、挙句の果てには言い訳で責任を回避する。信念を持たず利益で動くいかにも政治家らしい立ち回り。裏切られた国民は怒りを覚えている。

差別かどうかの結論については萱野稔人教授の意見が分かりやすい。

萱野稔人教授「差別に繋がるという声がありますが、問題のすり替えなんじゃないかと思います。問題の本質は立法にかかわる国会議員、それも野党第一党の議員がどれぐらい法を理解して活動していたのか、あるいは公職選挙法、国籍法、旅券法に正しく基いて活動を行っていたのか。さらに言えば法に抵触しているという可能性があってそれが指摘されたときにしっかり説明責任を尽くしていたのかが本当の問題だと思うんですよね。蓮舫代表の記者会見を見ても、その観点が到底納得できない会見だったと私は思います」

つまり蓮舫擁護派は論点をすり替える手法で問題の本質をぼやけさせているということだ。ここで今一度、蓮舫の二重国籍疑惑を追求する理由が政治家としての資格にあるということを確認しておきたい。

有田芳生氏は橋下徹氏に言葉を返すことができないはずだ。

医者には医師資格があることを提示する義務がある、弁護士には弁護士資格があることを提示する義務がある。これが差別でないことは明白であろう。同じように蓮舫の戸籍公開は政治家としての資格を確認することが目的。土壇場でごねて戸籍謄本の公開を拒むのは往生際が悪すぎる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!