netgeek

14

蓮舫の国籍離脱証明書に偽造疑惑。台湾人が指摘

腹BLACK 2017年7月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

記者会見で台湾の国籍離脱証明書を提示した民進党・蓮舫代表に文書を偽造した疑いが浮上している。事情をよく知る台湾人がおかしな点が散見されると指摘している。

日本語勉強中の台湾人女性による指摘をまとめてみた。

(1)写真がおかしい。

蓮舫が公開した喪失国籍許可証書には蓮舫の顔写真が載せられているが、この写真はポスター写真を流用したもので、条件を満たさない。

申請書によると「2年以内に撮影した身分証明書の写真で正面を向いたもの」と指定されている。

言うまでもなくポスターの写真は身分証明書ではないからそもそも申請の時点で却下されるはずだ。

(2)証明書の日付、中華民国105年(2016年)9月13日というのが気になる。

後に出てくるパスポートの失効日と矛盾することになる。また選挙に出た時点ではまだ二重国籍だったことが確定し、日本の政治家になる資格を持っていなかったことが分かった。

(3)台湾の国籍放棄には2ヶ月かかるはずなのに蓮舫はやけに早かった。

本当にこんなに早く証明書が発行されたのだろうか?

(4)有効期限が切れたパスポートで申請したことになってしまう。

蓮舫のパスポートは1984年7月15日に失効している。

中国政府(台湾)が特別な便宜を図った可能性も脳裏をよぎるが、こうして疑問が浮上した以上、蓮舫はこれらの謎にきちんと回答する必要がある。

蓮舫会見の奇妙な点については他の有識者もこぞって声をあげている。

中国出身で中国国籍を持つ孫向文‏氏(漫画家)は「国籍放棄証明書は写真がおかしいので偽物」と指摘。

池田信夫氏は「期限切れのパスポートで手続きはできないので、記者会見用に勝手につくった疑いがある」と指摘。

いずれも真っ当な意見であり、国民としては蓮舫が今後も政治家を続ける資格があるのかどうか知る権利がある。戸籍謄本の公開を拒んで一部資料だけに留めた蓮舫、まだ何かを隠しているのではないかという疑念が消えない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (14)

  1. 日本に友好的な台湾人にとってみれば、蓮舫氏に「台湾を汚すな」って思うんじゃない。
    蓮舫氏は多分「中国共産党人」なのでしょう。

    ともかくこの件はマスコミ各社がしっかりと取り上げてくれないとね。

     
  2. だから、こいつの正体は支那共匪つーの。そもそも最初の台湾国籍というのも支那共匪が用意した偽物じゃない?だっていかにも支那共匪が使いそうな常用手段だから。

     
  3. 蓮舫の家系は出自ロンダリングで台湾人のふりをしている中国人なのでは?上海と縁があるそうで。
    中国への憧れがあり日本は嫌いという台湾人は珍しい。

     
  4. マジでこいつどうにかして日本から追放してくれ
    なんで台湾発行の書類に「平成」の元号書いてんだよ

     
  5. なぜ今までも、マスコミはこの事を重要視しないのか不思議です!
    自分はこんなことしてるのに、国会でよくぞあの喋りが出来たもんです!

     
  6. 台湾の法律は知らんが、我が国では有印公文書偽造は1年以上10年以下の懲役だ
    台湾から犯罪者引き渡し要請が来ることを期待する

     
  7. テレビではほとんど報道されることのないまま過去の出来事にされつつありますな。

     
  8. 外国籍が残った人が日本の政治家を名乗っている、大問題をマスコミが全く報道しない。

    この事実の方が恐ろしいです。

    マスコミは東亜三国にどれほど汚染されているのか。

     
  9. 現にテレビ朝日のニュースキャスターを務める前の記者会見で「中国国籍の者として」とはっきり言ってますからね。

     
  10. 開示に踏み切った理由が全てチグハグで繫がらない。
    隠し通してて来たものは何かが分からない。
    想像だけどどうしても隠さなきゃならなかったものは「中国籍」と「中国のパスポート」なのではないだろうか。
    失効したパスポートにはソウルの在韓中国大使館のスタンプが押されている。
    この頃は台湾は中国の一部として中国が発行したパスポートでも問題は無い。
    蓮舫は外省人で台湾は中国に含まれているという考えをもっていると仮定するとパスポートの更新を中国の機関で行ったとしても不思議ではない。
    国籍についても同じ。
    台湾に蓮舫の国籍は無く、国籍離脱は出来ない。
    そこで公開用に偽の書類を作り、本物の離脱証明書は中国から取って窓口に提出した。
    偽証明書はダミーなので真偽なんかどうでも良い。
    子供が成人したからと言うのは子供も中国との二重国籍で選択期限の20歳になったので捨てたくなかった中国籍を捨てて日本の国籍を選択した。
    その時点で過去の二重国籍が台湾だったか中国だったかは見えなくなる。
    そう考えると全てが繫がる。

     
  11. ☆Chris*台湾人☆さんの証書と比べると、
    蓮舫のは、公印の傾きが全くなく、且つ公印の枠の鮮明さが不自然だな。
    https://pbs.twimg.com/media/DFDnQwoUwAIA4nA.jpg
    他の証書をスキャンして、画像編集したものを印刷して、記者に配布した感じ。

    記者配布分は、原紙のカラーコピーのようだが、透かしが消えすぎているのも
    (ハイライトとかで飛んだ?)、本当は画像編集でごまかせなかったところを
    消すためにやったように見える。

    それと、発行部署の部長名のフォントサイズが、現在の本当の証書のフォントサイズと
    比較してみたいところ。

    記者に配布した証書をもっと分析すると、もっと驚くべきことが判るかもしれない。

    産経新聞頑張れ!

     
  12. この件は、台湾当局に台湾人から公文書偽造で、刑事告訴して欲しい案件だな。
    この件は、台湾人にとっても、彼らのイメージを下げる要因になっているから、
    台湾人に頑張って欲しい。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!