netgeek

5

「蓮舫の戸籍公開は差別を助長する」と反対する人たち、ではなぜ自民党・小野田紀美の戸籍公開はスルーした?

腹BLACK 2017年7月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の蓮舫代表が戸籍を公開すると正式に発表したことで波紋が広がっている。蓮舫擁護派は「差別を助長する」という理由で公開に反対し、信用ならぬダブルスタンダードを見せつけている。

蓮舫を守ろうとする者たちの意見をまとめてみた。

(1)有田芳生氏。「戸籍というプライバシーの公開で更に攻撃を受ける」。

(2)菅野完氏。「差別的」。開示を要求した民進党の今井雅人議員に文句を言っている。

(3)山口二郎氏(法政大学法学部教授)。「戸籍謄本の公開という前例は社会に害悪を残す。日本人だと言わされるのは悪夢」

(4)香山リカ氏。「戸籍開示は個人の支配欲を満たすだけ。屈してはいけない」

この他にもネット上では政治家が戸籍謄本を公開すれば差別を助長する前例をつくってしまうと反対する声がちらほらと聞かれる。だが、反対派はなぜ自民党の小野田紀美が戸籍を公開したときに声をあげなかったのか?ダブルスタンダードで意見を変えては信用されまい。

▼きちんとけじめをつけた小野田紀美議員。

▼蓮舫代表と小野田紀美議員の2ショット。

蓮舫代表については国民に対して散々嘘の説明をし、信頼を裏切った過去がある。だからこそ国民は本当に不正がないか確かめるべく戸籍謄本の公開を求めているのであり、そこに差別の意図がないことは説明するまでもない。蓮舫代表は驚くまでにブーメランな発言が多く、他人に対してここまで言っているのだからまずは自ら襟を正すべきだという声も高まっている。

戸籍謄本が公開されたとして予想されるのは公職選挙法違反やそもそも日本の国会議員になる資格がなかったと判明する事態だ。都合の悪いところを黒塗りにして公開するような往生際が悪いことは絶対にしないでほしい。

今回、戸籍公開を後押ししたのは紛れもない民進党の議員たちだった。都議選での惨敗を受けて、蓮舫代表は代表辞任か戸籍公開かを迫られることになった。全ては自らが撒いた種なのにここにきて蓮舫支持者が差別を理由にごねだすのは間違っている。

これまで頑なに拒んできた戸籍謄本の公開。どんな謎が隠されているのかが大変気になるところ。偽装工作が図られていなければいいのだが…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. >公職選挙法違反やそもそも日本の国会議員になる資格がなかったと判明する事態だ

    先般投稿しましたが、
    ①国籍法改正(1985年1月1日施行)によって蓮舫が日本国籍を取得したことは間違いない。
    ②国籍選択の宣言を昨年10月7日に行ったことは、ほぼ間違いない。
    ③2004年の選挙広報「台湾籍から帰化」は明らかな虚偽だが、既に時効。また、これは戸籍とは直接関係しない。
    以上から、冒頭引用の箇所は少し言い過ぎでしょう。折角信頼を得て貴重な情報を提示するnetgeekなのですから、慎重をお願いします。

    戸籍を公開しても、台湾籍離脱の有無は判りません。昨年9月23日に受領したと言明した台湾籍離脱の証明書=喪失國籍證明証書の公開が必要です。これなくしては、二重国籍問題は終わりません。二重国籍が終わっても、彼女の嘘の問題は終わりません。アゴラで八幡先生が指摘される通り、幾つもの未解決が残っているのです。

    蓮舫の嘘については「ichidokusha」ブログに昨年11月嘘の研究を三本投稿しました。ご一読下さい。

     
  2. 通名使って自分の国籍を隠したがるやつはいるからね
    自分自身が差別主義なんだよ

     
  3. ここまですったもんだしながら、しかも党首として議員席にしがみついて発言できるんですね、議場で「恥を知れ!!」と叫んだ議員がいましたが、なんとなく合点がいきましたw

     
  4. 国籍公開しない方が外国人差別が助長しそうだが。
    あなたのせいでかなり外国籍不信ですよ、蓮舫さん。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!