netgeek

2

【炎上】TBS「マツコの知らない世界」が借りた資料(24億円級)を紛失

腹BLACK 2017年7月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

TBS「マツコの知らない世界」が番組出演者から借りた資料8点を紛失していたことが分かった。非常に貴重なもので億単位の価値があるとみられている資料だ。

番組HPでは情報提供の呼びかけが…。

テレビ局内で紛失しておいて外部に情報提供を呼びかけるのも変な話だが、これも一種の謝罪の形なのだろう。紛失した資料は号外研究科の小林宗之氏が所有していたもの。

あわせて小林宗之氏も自身のHPで探していると告知している。

参考:「探しています」小林宗之公式HP

小林宗之氏は同志社大学、立命館大学大学院出身。中学生の時にコレクションに目覚め、集めたコレクションで小林近現代資料文庫を開設した。

▼「収集歴18年。号外を1万7,000枚集めた」とある。

▼なくなった資料の一部。明治17年の東京日日新聞葉書号外「清佛要件の電報を特に御報申上候」

驚くべきは資料の価値だ。

小林宗之氏は3億円の出品物と同じものを2つももっていたという。仮に今回テレビ番組出演にあたって用意した資料(もちろんメディア向けにとっておきのものを選んだに違いない)が同程度の価値だとすれば単純計算で24億円級ということになる。

あまりにも高額なため、もはや価値を見積もるのも難しいが、億単位であることは容易に想像できる。マツコの知らない世界のスタッフがくすねたのか、それとも誤って処分してしまったのか。いずえにせよ預かったものをなくすとは重大な落ち度であることは間違いない。

遡って調べたところ、小林宗之氏は2016年11月の時点で困っていると悲痛な声を発していた。

テレビ局や制作会社に貸したものが返却されないというのは関係者の間では有名な話らしい。ネット上では続々と似たような体験談が寄せられ、以下のような4コマ漫画も拡散された。

信用して貸したのに裏切られたと知ったときの心情はどのようなものだろうか。小林宗之氏の宝物が見つかる可能性はかなり低い。マツコ・デラックスはあずかり知らぬところで番組の看板に泥を塗られることになった。これこそマツコの知らない世界といったところ。

あわせて読みたい→【炎上】TBS「マツコの知らない世界」で捏造発覚。お掃除道具の効果実証でキーボードをすり替え

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 葉書の号外は、馬喰横山で毎月開催されている切手市場に行けば、100円程度で買える。見つける手間が相当かかるから、ピンポイントで買おうとすれば、3000円は取られるかもしれない。何億とかお金の問題ではなく、探す年月の問題。買えば数千円だが、見つけるには何年も十数年もかかる。
    一生かけても見つからない場合もある。だが、どこかの古物商には100円で人知れずひっそり売っている。
    そういうものを集める苦労を記事で伝えてほしかった。

     
  2. 当然
    番組の制作プロダクションは賠償義務が有りますわな
    更に
    監督義務の生じるTBSテレビも当然責任は負わされる
    貸出側もTwitterで騒ぐよりも早々に刑事事件として告発すべき

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!