netgeek

9

東京新聞で「とにかく安倍を叩け」という社内命令が出ていた。産経新聞の阿比留瑠比が暴露

腹BLACK 2017年7月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

産経新聞社政治部編集委員の阿比留瑠比(あびるるい)氏が「そこまで言って委員会」に出演し、東京新聞で偏った指示が出されたことを暴露。ジャーナリズムが実現されていないと批判した。

痛快な暴露話だ。

阿比留瑠比「東京新聞の記者からね、直接聞いたことあるんですよ。安倍さんが2回目の総裁選に受かって次期総理になるっていうことがほぼ間違いないと言われてる頃に当時の東京新聞編集局長から号令が編集局にかかって『安倍なんか取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け』という指令が出たと。これのどこがジャーナリズムなんですかね?私にはさっぱり分からない。少なくとも産経新聞は絶対にないです」

東京新聞では以前より不自然に安倍総理をバッシングする記事が目立っていた。それゆえ今回の暴露話はやはりといったところ。

参考:東京新聞が「辻元清美叩きは女性差別」と特集を組んで頭狂新聞

森友学園問題で辻元清美議員の不正疑惑が持ち上がった時、世論に逆張りするかのように辻元擁護の記事を書いたのが東京新聞だった。主張は無理やりで「女性差別」と言い張るもの。ポジショントーク丸出しのとんでもない紙面はネット上でシェアされ、失笑を買った。

東京新聞の問題点は2つ。

取材を疎かにした点と結論ありきで記事を書いている点だ。「安倍なんか取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け」という指示に全てが詰まっている。ジャーナリストとして真実を追及するのではなく、憎き安倍総理を潰すために権力を乱用しているだけ。

東京新聞では不満を抱えている記者がたくさんいるに違いない。だから同業他社に愚痴を漏らしテレビで暴露されることになった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. 東京新聞の記者が内部告発したでなし、安倍に好意的な新聞社の人が話しても・・・

     
  2. 事実=安倍ヨイショなのか
    じゃあマスゴミはねつ造・偏向記事しか書けないわなぁ

     
  3. ウソでもデマでも推測でも捏造でも、とにかく安倍総理を叩けるネタが大正義
    安倍ヨイショって言う人たちって事実かどうかなんて大した問題じゃないんでしょ?

     
  4. ドンジン新聞(笑)なんぞの読者層からしたらさもありなん。
    あそこは元欧州支局長が日露戦争の結果をねじ曲げて記事にした際に読者の指摘を晒し者にした挙げ句自称ドンジンチンプンの読者とやらがわらわらと湧いて支局長擁護。締めに星とか言う元支局長が指摘をドヤ顔で批判したがその批判内容は元々指摘されていたことの言い訳どころか歴史修正主義者一転張りのまるで中身のないクソサヨク脳が書き連ねたゴミ文章だったから心底爆笑した。

    あれは一般紙ではなくて極左のトイレットペーパー、だいたい中核派の機関誌に自社の記者が性別偽って投稿している時点で港南にあるブサイクなビルがテロの標的になってもおかしくない状態

     
  5. バカにしたけどドンジンシンプンは向こうが金を払うから新聞取ってくれと泣きつく類い希なる才能をもってる素晴らしさ新聞だよ、だってタダどころか読者に現金支払うんだもの。

    あぁこれは本社から極秘にしてくれっていってきた事でしたね、お金払ってこんなの購読しているアカ奴隷の皆さんゴメンチャーイw

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!