netgeek

0

加戸守行が語った加計学園7つの真実。「行政が歪められた」のではなく国家戦略特区で「歪められた行政が正された」

腹BLACK 2017年7月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

加戸守行前愛媛県知事が加計学園問題の真実について国会で重要な証言をした。おおよそはネット上で報じられていた通りで「安倍総理は何も不正はしておらず、既得権益を守りたかった獣医師会が暴れまくっていた。それに民進党とマスコミが乗っかった」という暴露だ。

これまで騒ぎ立てていた議員を圧倒する感動的な証言。

(1)愛媛県知事のときに一番苦労したのが鳥インフルエンザ、口蹄疫ウイルス、BSEなどの感染症対策だった。アメリカは狂牛病をきっかけに、これからはライフサイエンスと獣医学部ということで国策で取り組んでいた。10年前、アメリカを横目に自分は愛媛県民のために岩盤規制と戦っていた。何度も跳ね返されるも、やっと国家戦略特区で実現できるようになったのを喜んでいた。前川喜平の「行政が歪められた」という発言は、私から言わせれば国家戦略特区で岩盤規制に穴を開けて頂いたので「歪められた行政が正された」というのが正しいと思う。

(2)特区申請で一番強く反対してきたのは日本獣医師会だった。HPでは専務理事が今治の獣医学部新設に関してけちょんけちょんに書いていた。

(3)感染症対策にブレーキをかけるというのは理解できない。この10年の間、アメリカに遅れないようにしないといけなかったのに、獣医師会は「今治にはつくるな」と言ってきて自分たちは対策を何もしない。これはあまりにもひどい。

(4)既得権益の擁護団体に悔しい思いをした。だが民主党がやると言ってくれて門前払いから検討にレベルアップした。安心して次の知事にバトンタッチした。でもやっぱり民主党も何もしてくれなかった。

(5)欧米に負けないよう先端サイエンスと感染症対策において日本人の生命にかかわる問題として獣医師を育成しないといけないのに「今治はダメ」「加計学園ありき」というのは何でかなと思います。

(6)加計ありきなんて事実は全くない。愛媛県会議員と加計学園事務局長が偶然友達だったから話ができて飛びついただけ。これもダメ?友達ならダメ?ずっと思っていたことがようやくこの場で言えた。

(7)一点の曇りもないというのが今回の事件の結論。沢山取材が来たが都合の良いことはカットされて私の申し上げたい事を取り上げてくれたメディアは非常に少なかった。会見をカットなしで流したYouTubeが全てを語り尽くしていると感じた。

加計学園問題では、加戸守行前知事はすでに引退しているということで第三者的な立ち位置から客観的な事実を証言してくれた。端的に言えば既得権益を守ろうとした獣医師会が日本の国益を損ね、民進党を利用して騒動を起こしたといったところ。

当初協力的だった民主党はいつの間にか掌を返し、いつの間にか反対派に。民進党の玉木雄一郎議員ら3名が献金を受け取っていたことを考えると、獣医師会が金で操ったということが分かる。

特に注目すべき新情報は当初、安倍総理が無関係だったこと。

加計学園理事長はコネを使って不正に安倍総理に接触するのではなく、まずは友人である愛媛県の議員(今治選出)を経由して話を進めようとしていた。これは非常に重要なポイントであろう。

これまでの情報によると国家戦略特区は安倍総理の指示だったが、その内訳である獣医学部新設は安倍総理の直接指示ではなかったということが分かっている。だから内閣府は反対派の文部科学省と交渉するにあたって「~すれば安倍総理の指示に見えるのではないか」などと説得する方法を思案していたのだ。

以上の2つの状況証拠から安倍総理は潔白だったと言える。疑惑を捏造した民進党はこの落とし前をどうつけるのだろう。安倍総理を潰すどころか自分たちの癒着がバレてしまった。

続き→加戸守行の重大証言を報じなかった5つの大罪メディア

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!