netgeek

8

安倍辞めろコールはマスコミの印象操作だった。圧倒的少数派を全体と見せかける卑怯な手法

腹BLACK 2017年7月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

安倍総理の演説に籠池氏が現れたり、大規模な反対コールが行われたりと秋葉原が騒然となった件について、マスコミが印象操作に手を染めて偏向報道を行っていたことが分かった。

まずはマスコミの報道を確認しておこう。

安倍総理の登場に対し、反対派が集結して声高に叫ぶ。手にはヒトラーを模したプラカードや「国民舐めるな」「安倍を監獄へ」「アベ政治を許さない」「NO安倍」などと掲げられており、もはや演説どころではないという雰囲気だ。

しかし、現場に居合わせた人はマスコミの報道に首を傾げる。アンチ安倍総理派は少数派だったというのだ。

ここでマスコミが映さなかった真実をまとめておきたい。

▼全体像。日の丸を持っている安倍総理応援派が散見される。

▼分析するとこの通り。マスコミのカメラの前にアンチ安倍総理派の工作員が陣取っていた。それ以外は一般人だ。

▼今回マスコミが印象操作を行った手法。全体を映さないことで一部分を全体であるかのように報じた。旗の面積が大きいので錯覚してしまうが人の数はかなり少ない。

▼また工作員たちは事前にマスコミの前を狙って場所取りを行っていたことも分かった。

テレビや新聞の報道を見た人は何か大事件が起きたように受け取ってしまうだろうが、真実がネットで判明するのはいつもの流れ。惜しむらくはネットで情報収集する習慣がない高齢者がまんまと騙されてしまうことだろう。

例えば民進党の玉木雄一郎議員はバンキシャ(日本テレビ)を身内の人間で固めることで都合の良い偏向報道を行える体制をつくりあげた。

本来、中立の立場で情報を伝えなければならないテレビ局がこのような利益相反の状態にあるのではもうこの時点でメディア失格。裏の利権を紐解けば日本のマスコミがなぜ悪意ある報道をするのかが見えてくる。

一見大規模に見えた安倍辞めろコールは実はかなりの少数派ということが分かった。この真実は是非とも広く知らしめたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. 厳密に解釈すると
    件のマスコミの報道は
    公職選挙法違反にならないのかな?

     
  2. 少数派に苛立ちを見せた安倍総理はいかがなものでしょう!笑

    そう言えば籠池さんも旗振ってましたよ!
    多数派の支持者ですね!笑

     
  3. 選挙の開票結果を見てもこの記事は上げ続けるのでしょうか?
    日の丸の旗を配ったSPも公職選挙法違反ですかねー

     
  4. アホらしい
    テレビ局なんてヤジの声なんて一切拾わず
    安倍の演説垂れ流してるだけだったじゃねーか
    印象操作してるマスコミってご自分のことですか?

     
  5. ごく一部が安倍辞めろと言ってると思ってたんだがネトウヨ発狂するほど大きな問題になってんだな。
    安倍はさっさと辞めて自民党は解党。天皇を中心とした政治体制にするべきだ。

     
  6. 20~30年前ならともかく、もうマスコミのこういった手法は10年以上前から知れ渡ってますよね、ネットをする層には。

    新聞とTVしか見ない層は・・・どれだけ時代から取り残されてるのでしょうか。
    そしてマスコミの卑怯な手法が通用するのはこの層だけですね。

    彼らが退場した後のことをマスコミは考えているのでしょうか?

     
  7. 別に安倍総理は好きじゃないが、ヘイトに近いプラカートや横断幕、野次を見ると品性の欠片すら感じない。こんなんで自分達が指示されると思ってやってるのでしょうか?事実そういう感性で活動しておられる民進さんや社民さんには反自民党の方々の票が流れていないどころか減っているじゃないか。
    ネットでも自分の考えと違う記事や意見に関しては、馬鹿にしたり嘲笑したりする人間が多く見受けられる。
    理論的で建設的な意見や相手に対する配慮がないと、全ては不毛な時間になると理解すべきだと思う。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!