netgeek

3

演説内容を分析したら民進党が支持されない理由がよく分かった

腹BLACK 2017年7月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

都議選において、各党首の演説内容を時間という切り口で分析してみた結果が興味深いと話題になっている。

蓮舫代表率いる民進党が壊滅した理由がよく分かる。

党首が駆けつけて演説するのはあくまで応援のため。したがって小池百合子代表や安倍総理のように候補者紹介が最も時間を占めるのが筋であろう。次に、自分たちが国民に対してどのような価値を提供するのかを説明すること。

だが民進党は安倍政権批判を延々と繰り返した挙句、本質の候補者紹介と政策提案をないがしろにしている。共産党についても同じことが言えるがここは言わずもがななので特に詳しく言及する必要性はないだろう。

百歩譲って蓮舫代表の演説で安倍政権の不十分さが理解出来たとしても、では民進党を支持しようとはならない。他人の悪口を声高に叫ぶばかりで提案出来ない人は信用できないからだ。蓮舫代表のアイデンティティがまさしく党のアイデンティティとして反映され、国民の嫌悪感を招いているのではないだろうか。

振り返れば蓮舫代表は堂々と嘘をついていた。

辛坊治郎に「蓮舫さんは二重国籍という噂がありますよね?」と聞かれて堂々と嘘をつき、デマということにする厚顔無恥は人間性を疑う。そしてこの後、相当粘った挙句、結局は「籍が残っていた」と作り笑いで誤魔化しながら会見したのだ。

さらには往生際が悪いことに戸籍謄本の公開を拒み、都合が悪いことを聞かれるとブロックする。そんなに悪質なリプライでもなく真っ当な意見なのに政治家が国民をブロックするというのは間違っている。

このような自分自身に問題を抱えた人物が他者の批判をしても一向に支持されないのは自明であろう。国民が求めているのは建設的な提案なのだ。蓮舫代表はこの点を理解しないまま誤った目標を設定し、離党者を続出させている。

まるで自分のことを言っているかのようなブーメランコレクション。

どこかの国のスパイとなって日本を崩壊させるために活動しているという印象が否めない。蓮舫代表が訴える安倍総理の悪口は聞き飽きた。政治家としての本来の仕事を思い出し、ここらできちんと政策を語って欲しい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 民進党って民主党を母体としてたよね
    その時点で積んでない?
    消費税廃止とか高速道路無料化とか絵にかいた餅の様なマニフェスト打ち立てて政権とって結局何一つ実現できずにマニフェスト修正
    マニフェスト修正っ何よ!?
    値札張り出した安売り商品を購入したら後から値段つり上げられた様なもんでしょ?それも返品返却利かないとか独自ルールで、本来なら民主党に携わった全ての議員の全財産没収しても良いくらいよ鳩山とかもう隣の国のスパイでしょ?
    菅さんは東電に滅茶苦茶な指示するしその流れの党があるだけ意味がわからん
    税金の無駄だよこんな党とっとと廃止し血税を有意義に使うべき

     
  2. ところでグラフの出てる画像の出展を明示しないと、著作権法違反になるよ

    netgeek様

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!