netgeek

3

北海道の回転寿司はレベルが違うことが判明

腹BLACK 2017年6月10日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

同じ回転寿司といえども北海道は新鮮なネタが安価で手に入りやすく、回っているネタのレベルが違うらしい。

観光で北海道を訪れた人が驚きの写真をアップした。

▼いくらが溢れんばかりに、いや思いっきり溢れるように盛られている。回転寿司でこれはすごい。

▼甘エビの乗せ方も異常。テンションが一気に上がる。

▼その他のネタも贅沢な乗せ方。美味しそう。

▼これはもう芸術作品だ。

出典:https://twitter.com/m2dmyk/status/873461018101301248

以前から北海道の寿司は格段に美味しいと聞いていたが、これほどまでだったとは…。新鮮な寿司をボリューム満点で堪能できる北海道民が羨ましい。

こんな比較を見てしまうと寿司を食べに北海道まで行きたくなる。なお、冒頭の写真をアップした人は訪れた店は「なごやか亭」だったと教えてくれた。

ざっと検索してみたところ、なごやか亭は北海道で人気ナンバーワンの回転寿司のようだ。

▼なごやか亭は北海道に拠点を置き、小規模ながらも勢力を拡大している。

▼店構えは和風。回転寿司といえばポップ路線でカラフルな看板が目立ちがちだが、ちょっと大人な雰囲気。

▼別の店舗。こちらも落ち着いた店構え。

▼活気溢れる店内では美味しそうな寿司が目の前を流れてくる。

なごやか亭の価格設定は高めで、いくら530円、海老410円。しかし一度味わえばその美味しさにやみつきになること間違いなし。

回転寿司ながら本格的な寿司を提供するなごやか亭、北海道を訪れたら是非一度は足を運びたいお店だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. ネタは大きければいいってもんじゃない。
    ネタが極端に大きい寿司は女郎寿司と言って下品なんだよ。粋じゃない。
    バランスが大事でしょ。(だからってシャリまで大きくするなよ)
    ま、田舎モン何言っても無駄か。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!