netgeek

4

【速報】福島みずほが道徳の教科書の「目上」に発狂!意味が分からない…

腹BLACK 2017年6月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

社民党の福島みずほ議員が道徳の教科書に激怒している。しかし主張の意味が理解できず、周囲は困惑するばかり。

福島みずほ議員は6月5日に道徳の教科書を事前にチェックしてケチをつけまくった。

なんだか一人で怒っている…。福島みずほ議員が気に入らなかったのは教科書の中にあった「目上」という言葉。ごくごく普通の日本語なのに、「目上があるということは目下があるということ」と解釈し、差別的だと糾弾。

さらに家庭で暴力などの被害にあっている子供からすれば目上という概念はおかしいと謎の主張を始める。教科書に書かれているメッセージは、あくまで年齢や立場が上の人には丁寧な接し方を心がけるようにしようというもので、何も間違ったことは言っていない。

それをごく一部の例外を引っ張り出して文句を言うあたり、福島みずほ議員ははじめから教科書にケチをつけるのが目的だったのではないか。そもそも普通の政治家は道徳の教科書を事前にチェックしたりしない。

福島みずほ議員はさらに意味不明なところに目くじらを立てる。

論理が飛躍しまくって言っていることが全く分からない…。「正しいお辞儀」でも「礼儀正しいお辞儀」でもどちらでもいいし、子供の教育には大して関係ないと思うのだが…。偏った思想を身につけるとここまで世界が歪んで見えるのかと唖然としてしまう。

NHKの調査によると社民党の支持率は0.6~1.1%ほど。

参考:政治意識月例調査 2017年(NHK放送文化研究所)

ここまで支持されない政党に存在価値はあるのだろうか。福島みずほ議員の投稿には反論が相次ぎ、現在炎上状態となっている。

今後、目上でも目下でもない福島みずほ議員にはタメ口で話しかけてみようと思う。「お前最近バカなこと書いて炎上してたじゃん!なにしてんの~(笑)」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (4)

  1. 終わってる。
    人として間違っています。
    もう、忖度して、退場して下さい。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!