netgeek

3

集会人数を適当に書いていたSEALDs、10分で5000人も減らしてしまいやっぱり低偏差値

腹BLACK 2017年5月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

SEALDsのネームロンダリング団体「未来のための公共」が5月19日にデモを行った。いつものことながら集会人数を適当に書き、ありえない間違いをしてしまう様には呆れる。

もはや逆指標となったSEALDs一派の活動。

ひねくれた性格ゆえに権力に逆らいたいだけの連中が国会前に集まったところで何ができるわけでもない。結果的には共謀罪は賛成多数で成立し、今回もやはり未来のための公共の行動は無駄に終わった。

デモの過程で日本中が笑ったのが集会人数について。なんと10分で5,000人も減った。

当初はなんと1万人以上もデモ参加者がおり、「どんどん増えてきている」とアピールしていたものの、その10分後に「5000人以上」という表現に。「以上」なので決して間違えてはいないが、いかにも偏差値28といった感じである。

そもそも目視で人数を数えるのは不可能なわけで、はっきり言ってしまえば適当に書いているのだろう。実際に集まったのはアピールされている人数よりもはるかに少ないに違いない。

実際の投稿。

(1)夜の7:13、「1万人以上」

(2)7:23、「5,000人以上」

間違いに気づいた時点で投稿は消されてしまうかもしれない。SEALDsの連中はいつもよく考えずに突っ走って行動し、後から行動を取り消すというパターンが多いのだ。

ちなみに当日のデモの様子も紹介しておきたい。

▼共謀罪反対のプラカードを掲げる。後ろには安倍総理のコラ画像も。

▼「共謀罪でFacebookのいいねも監視されてしまう」と呼びかけているが、そもそも全世界に向けて公開しているものでは…。見られて困るのはテロリストだけ。

▼これが偏差値28の集団である。「DON’T TELL LIES」は集会人数を誤魔化しているあんたらのほうだ。

▼福島みずほも来ていた。

堀江貴文氏に「連合赤軍やオウム真理教になりかねないので今のうちからしっかり監視しておくことが大事」と言われたSEALDs。その後、オウム真理教がアーレフに名前を変えたように、未来のための公共にネームロンダリングした。

活動を見ているとどうも何もかもが適当なお遊びに思えてならない。10分で5,000人もデモ参加者が減った理由について説明してほしい。おそらく説明できないだろうが。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. ラインもみれる共謀罪って、その前に全部韓国が検閲してますがそっちはいいのか。祖国だからか。

     
  2. GHQを叩いて、CIAを叩かない。
    中韓を叩いて、北朝鮮を叩かない。
    日教組を叩いて、文科省を叩かない。
    しばき隊を叩いて、在特会を叩かない。
    パチンコを叩いて、カジノを叩かない。
    創価学会を叩いて、統一教会を叩かない。
    フジテレビを叩いて、産経新聞を叩かない。
    国会包囲デモを叩いて、人種差別デモを叩かない。
    外国人参政権を叩いて、移民受け入れを叩かない。
    民主党のTPPを叩いて、安倍ちゃんのTPPは叩かない。

    これが売国組織、自民党ネットサポーターズクラブの正体。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!