netgeek

7

ミサイルの到達距離をミラー図法で表すテレビ局、間抜け過ぎると話題に

腹BLACK 2017年5月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

テレビを見ると馬鹿になると言われて久しい。実際はテレビを作る人間も馬鹿になっていた。

北朝鮮ミサイルの脅威を伝える番組で明らかにおかしい場面があった。

出典:https://twitter.com/Toshi_tsugu/status/866065435241857024

もはや誰しもが学校で習ったことなので何も説明はいらないだろう。歪みが生じるミラー図法の地図を使って距離を円形で表しているのだからこれは間違っているに決まっている。

※一部ではメルカトル図法という声もあるが、有識者はミラー図法だと指摘している。いずれにせよ距離を正確に表すときに用いる地図ではない。

どこのテレビ局か確認はとれていないが、東海テレビの「スイッチ」だとも言われている。番組制作スタッフ、もしくは下請け業者が無知ゆえに間違えてしまったのだろう。

ネット上では間違いを訂正した地図がアップされ始めた。

(1)このように円形ではなく楕円形になるのが正しい。

出典:https://twitter.com/hidekih/status/863956357438873600

(2)距離が分かりやすい地図はこちら。地球儀を想像してみればこれが正しいと分かるはず。

(3)こちらも同じタイプの地図。

北朝鮮のミサイル到達距離という極めて深刻な話題を取り扱っておきながら間違った情報を報じてしまうテレビ局。放送後にネット上でこぞって指摘され、信頼を失う結果となった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 東海テレビの「スイッチ!」は、画面に表示されている時間には放送されていません。
    フジテレビの「新報道2001」だと思います。番組表の内容からして。

     
  2. 現代のマスメディアは、
    ・視聴者の不安を必要以上に煽る
    ・男性排除、女性優遇報道
    ・自社の思想を優先した報道
    この3つしか頭にないからね。

    マスメディアの報道で信じて良いのは、事件や事故のニュースタイトルだけ。
    視聴者も、マスメディアに騙されないよう、知見や世界観を広く持つことが大切です。

     
  3. 高緯度で距離の誤差は大きくなるが、今回の場合北朝鮮のミサイルが狙うのはアメリカ西海岸。射程にアラスカがすっぽり入り、西海岸(ロサンゼルス)に届くと表現されているのだから、たいした問題ではないでしょう。

    国民の多くに図法の知識なんてないのだから、要点が伝われば地上波TVの役目は十分に果たしているといえます。より正確な情報が必要なら専門誌や専門サイトで調べればよいのです。

    つまり、叩きたいから叩いてるだけですね。
    もっと意味のある批判を期待します。
    民進や共産みたいな真似はお嫌いでしょう?

     
  4. マスコミの存在意義は、大まか、適当、そこら辺を伝える事なんですか?
    だから、適当な切り貼りニュースが当たり前の様に垂れ流されているのですね。
    地図の図法は義務教育時には必修で習うと思うのですが。
    専門家でなくとも、詳細な情報が不必要でも、事例の地図には違和感を感じますね。

     
  5. ↑顔真っ赤すぎんだろ
    お前のところの民族教育塾じゃ地図の見方も教えてないんだろう?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!