netgeek

0

砂漠の真ん中にバケツを置いてみた(動画あり)

腹BLACK 2017年5月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

テキサス州にあるフィールドラボで代替エネルギーの研究をしているジョン・ウェールズ氏が興味深い実験を行った。

シンプルに「the bucket」と名付けられた動画。水の入ったバケツをカメラとともに放置するという実験映像だ。

カメラは当初、青空と雲を写し出すばかり。だが、ジョン・ウェールズ氏は研究者らしく結果が出るまで粘り強く実験を続けることにした。その結果、砂漠では実は多種多様な野生動物が水を求めて彷徨っているということが分かった。

▼群れでやってきたのは蜂。涼んでいるのか水を飲んでいるのか。しかし何匹か溺れているようにも見える。

▼赤色が綺麗な鳥が2羽。どうやら夫婦のようだ。目ざとく水を見つけて一休み。

▼可愛いウサギもやってきた。てくてくと歩いてきたのだろう。ウサギが前足をバケツにかけてひょっこり顔を出すのは映像の中で最も癒されるシーン。

▼なんとニワトリも!水を美味しそうに飲む。

▼ロバ。どこから歩いてきたのかな。

▼水牛もやってきた。ごくごくと勢いよく水を飲むので水面が激しく揺れる。

ジョン・ウェールズ氏「映像を確認しているときにウサギが映ったときは嬉しかったです。溺れていたハチは助けましたよ」。ジョン・ウェールズ氏はニューヨークから引越し、町外れで文字通り「何もない」生活を始めた。

ジョン・ウェールズ氏の実験映像はYouTubeで公開されてから続々とネットメディアに取り上げられ始め、大きな支持を得ていく。現時点では500万再生と1万5千もの高評価を獲得。

研究のために全てを捨てた彼の周囲には野生動物たちがいる。そういう意味では寂しくないのだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!