netgeek

3

山本太郎が森友学園問題に「アッキード事件」と名前をつけるも委員長に叱られて終了

腹BLACK 2017年3月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

おそらく山本太郎はうまいネーミングをつけたつもりだったのだろう。ロッキード事件と昭恵夫人を組み合わせた「アッキード事件」という造語を公の場で発言し、委員長が不適切な発言として説教した。

動画でご覧あれ。

山本太郎氏は「巷ではアッキード事件とも呼ばれる」と発言しているが、もちろんこのような造語は誰も聞いたことがなく、「巷で呼ばれている」という事実はない。自分の発言ではなく第三者の発言ということにして責任回避を図ったのだろう。

山本太郎氏はこの発言をした直後、委員長から「不適切な発言があった」と叱られている。そして安倍総理も「森友学園問題とはかかわりなく、まさに人の名誉を傷つけることを目的に委員会を利用しようとした」と山本太郎氏を説教。

その後、山本太郎氏は謝ることなく話題を変え、発言を続けた。森友学園問題については当初の報道とは違う驚くべき真実が明らかになり始めている。しっかりと事実確認をしないまま勝手に主犯を決めつけ、事件扱いにした山本太郎氏の発言はやはり問題があった。…というより問題しかない。

話が複雑になってきた森友学園の問題については、嘉悦大学の高橋洋一教授の整理がわかりやすい。

安倍総理は当初から自分はやましいことはないのでもし不正にかかわっていたら総理を辞職する覚悟もあると強気の姿勢を見せていた。にもかかわらず、とにかくアンチ安倍総理派は根拠もなしにレッテルを貼って批判を続ける。

そしてしばらく経ってからブーメランが返ってくることになるのだ。

(1)民進党「文部科学省が森友学園を2回も表彰していた!安倍政権は間違っている!」→1回は民主党政権時代だった。

民主党「安倍政権が森友学園に感謝状を贈っていた!おかしい!」→民主党政権時代にも贈っていた。

(2)フリージャーナリスト堀田記者「森友学園の設立を手助けしたのが民進党の議員だと分かりました。これ詳しく調べたほうがいいんじゃないですか?」→作り笑顔の蓮舫「貴重な情報として受け止めます」

※問題のシーンは5:10から。

今回のアッキード事件といい、政治家は新しいネーミングが流行っているとデマを吹聴して流行らせようとするのが好きらしい。しかし、一般人は誰もその新しいネーミングを知らないのでキョトンとしてしまうのだ。

巷で流行っているアッキード事件。山本太郎氏の言う巷とはどこのことなのだろう…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. そうレンホられてもねぇ…(笑)
    あっ、↑が巷で流行ってるらしいです。

     
  2. 知る限り、この山本が質問に立つ2日前から既に、
    「アッキード事件」という言葉はネット上で使われていたのだけれど、
    このマヌケな記事は何?

     
  3. 流行ってもないわ、誰も言ってもないことを
    「巷で」などと嘘を平気で吐くのは
    netgeekと同じぐらいのバカ加減だよね。’`,、(‘∀`) ‘`,、

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!