netgeek

1

【速報】マリカーレンタルが任天堂に訴えられた!非公式だったのかよ

腹BLACK 2017年2月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

マリオカートがレンタルできるとして注目を集めていたマリカーレンタル(株式会社マリカー)が任天堂に訴訟を提起されたことが分かった。

マリカーレンタルは普通自動車免許さえあればOK。

特別仕様の車体とコスチュームをレンタルすれば東京で最高の思い出がつくれる。数年前より、SNSに「マリオが走ってた!」という文言とともに写真がアップされることが多くなり、サービスは徐々に知名度を上げていた。

料金は30分1,500円で、貴重な体験ができるわりには安め。外国人観光客にも人気でドライビングと写真撮影を楽しむ人が多かった。

しかし、これにブチ切れたのが任天堂。公式HPにて、2月24日に訴えたと告知された。

任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島達己、以下「当社」)は、2017年2月24日に、株式会社マリカー(本店:東京都品川区、以下「被告会社」)およびその代表取締役(以下、併せて「被告ら」)に対して、被告会社による不正競争行為および著作権侵害行為の差止等および上記行為から生じた損害の賠償を被告らに対して求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました。

https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170224.html

驚いたのはマリカーレンタルが無許可だったということ。そもそも社名自体が「株式会社マリカー」なので当然許可を得ていた、あるいは任天堂の子会社だと思われていたのだが…。最強の法務部がいると噂される任天堂に真っ向から喧嘩を売るとは恐ろしい会社だ。

任天堂は知的財産権が侵害されたとして、不正競争行為および著作権侵害で訴訟を起こし、損害賠償請求を求める構え。特に問題視しているのは以下の点。

・株式会社マリカーは名前を勝手に使っている

・キャラクターのコスチュームを貸している

・キャラクターの写真を勝手に営業に使っている

任天堂が怒るのも当然。あまりにも軽率だった株式会社マリカーに勝ち目はないだろう。

面白いのは逃げ足が早いところ。株式会社マリカーはすでに全てのHP、YouTubeチャンネルを閉鎖してしまった。

参考:株式会社マリカー(魚拓)

株式会社マリカー(資本金1億9,850万円、東京都品川区北品川 1-23-15)は20代、30代の若いメンバーが集まって運営されていたようだ。公安の許可などは取っているとHPに記載されていたものの、肝心の任天堂の許可は取っていなかった。

代表は山田雄介という人物。日本最大級の公道カートという謳い文句をアピールし、笑顔を届けたいと書いている。せめてオリジナルのキャラクターにするか、提携してからサービスを始めればよかったのに…。

目の付け所は秀逸だっただけに法律面の落ち度が悔やまれる。

もう見られない貴重な画像。

店舗にはレンタル用に衣装がずらりと並ぶ。マリオもヨッシーもピーチ姫もクッパも何でもOK。

このような光景を見たことがないだろうか?実は全て株式会社マリカーが仕掛けている。

大規模なレースも。事故が怖いけれど、これは楽しいに違いない。

外国人観光客にも大人気。一躍街の主人公になれる。

すっかり逃亡を図ってしまった株式会社マリカーにも容赦ない任天堂法務部。株式会社マリカーは皮肉にも、営業活動を頑張った分だけ証拠が残る結果となってしまった。かなり儲けていたとみられるが全て没収になりそうだ。

【追記】

株式会社マリカーが複数のワードで商標登録申請を出していたことが分かった。いずれも任天堂の権利を堂々と侵害しているものと思われ、もはや言い逃れはできない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. ここも早く取り締まらないと

    Bar裏面
    971.jp/
    the-goldengai.com/shops/cont/56
    twitter.com/#!/BARuramen
    facebook.com/BARuramen/

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!