netgeek

7

木村拓哉の自己中エアホッケーが炎上。SMAP解散の真実が一発で分かった

netgeek 2017年1月12日
 

1月9日、「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!」に出演した木村拓哉。エアホッケーで、相方の松山ケンイチを完全に無視してワンマンプレーに走る異常行動が見られた。

現在炎上している動画。

エアホッケーで木村拓哉は何が何でも勝ちたいと闘志を燃やし、自己中心的なプレーに偏り始める。ゲームの流れはずっと同じで木村拓哉がいちいち円盤(パック)を止めて、ダイレクトにシュートを打つというもの。

途中、ただ立っているだけで何も参加できなくなった松山ケンイチに「さっきから松山ケンイチは何も参加していないんですけどこれでいいんでしょうか?」という声も飛んだ。木村拓哉はそんな声も無視してワンマンプレーを続ける。

ゲームの流れ。

▼松山ケンイチと木村拓哉がペア。視聴者としてはどちらも活躍してほしいところ。

kimutaku-jikochu (2)

▼木村拓哉はいちいち円盤を止めて、ラリーすることなくゲームの流れを遮る。松山ケンイチはただ構えて立っているだけ。

kimutaku-jikochu (1)

▼台の横まで移動し、一発でシュートを狙う木村拓哉。実際に入るのだが、この攻撃パターンが5回ほど連続して最後まで続く。

kimutaku-jikochu (3)

最終的に木村拓哉・松山ケンイチペアが勝利を収めた。番組を面白くするというより、木村拓哉が自分をかっこよく見せたかっただけ。また、戦い方も卑怯で、視聴者からは「中学生のときにこういうやついたわ」「松山ケンイチの気持ちも考えろよ」「ずっと一人でプレーしててドン引きした」などと批判の声が飛び出した。

SMAP解散の理由がよく理解できた。

smap_funaka (2)

smap_funaka (3)

smap_funaka (4)

大人になってからも自己中心的な性格を直せない木村拓哉はもはや一緒に仕事をするには迷惑な存在でしかないのだろう。香取慎吾があそこまでキムタクアレルギーを発症した理由も理解できる。

木村拓哉の優先順位は自分の損得勘定(自分をどうかっこよく見せるか)が最上位。自己愛が強いのはアイドルには向いているのかもしれないが、傲慢な本性は隠しきれなかった。今や化けの皮が剥がれてしまった木村拓哉、好感度は地の底まで落ちた。

https://twitter.com/netgeek_0915/status/819469385798533124

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (7)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!