netgeek

3

佐川急便「荷物をボコボコにしたのは弊社の社員でしたぁ!そのまま配達しました(小声)」

腹BLACK 2016年12月27日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

佐川急便のユニフォームを着た男性が荷台と荷物に八つ当たりしているのが撮影され拡散された件で、佐川急便が事実だと認めた。

前回の記事:【炎上】狂犬と化した佐川急便が荷物をボコボコにする映像

佐川急便にはすでに複数のメディアが事実確認を行い、事実関係を明らかにしている。

sagawairaira-1

内容を集約して端的にまとめると以下の通り。

・荷台に乗せて荷物を持っていったのに配達先が不在だった

・問題の社員は「イライラしていたので感情的にやってしまった」と話している

・ボコボコにした荷物はそのまま配達した

・今のところクレームは来ていない

・佐川急便としては劣悪な労働環境が今回の事件を引き起こしたとは考えていない

・今後は教育に力を入れ、再発防止策に努めると表明

動画はその後230万再生を突破し、YouTubeでも再生数ランキングに入るほどにまで閲覧された。

従来はマスコミしか撮れなかった映像がスマホの普及で誰でも撮れるようになった。国民1億がマスメディア化したことを実感させる良い事例と言えよう。

恐ろしいのはこれが氷山の一角かもしれないということだ。佐川急便の荷物の取り扱い方については以前から乱暴で顧客から預かったものなのに大事に扱っていないと度々指摘されていた。果たして本当に社員教育に力を入れるだけで改善が図れるのだろうか?

ネット上の世論としては、「配達員をここまで精神的に追い詰める労働環境に問題がある」という見方を示す人が多い。改善策としては配達員にしわ寄せがいく過剰サービスを止め、「例えば時間指定後の再配達には追加料金がかかるという仕組みを整えてはどうか?」という案も飛び出た。

佐川急便は近年、「佐川男子」というプロモーションを仕掛け、配達員にイケメンで好青年なイメージを植え付けようとしていた。

sagawairaira-2

sagawairaira-1

sagawairaira3

多少なりともいい影響があったのは間違いないだろう。ただ、当然ながら実際はイケメン配達員ばかりではないのが実情。サービスの本質から離れたところで虚像のイメージを売り込んでもそれはいつか崩壊するだけだ。

佐川急便は自社HPにて今回の騒動について一切言及していない。せめて事実の説明と謝罪文ぐらい載せてもよさそうなものだが…。

配達員がいくらイケメンでも荷物をボコボコにする人は遠慮したい。

上海ハニーなんて踊っている場合ではない。クロネコヤマトでお馴染みのヤマト運輸に負けないよう改善に向けて頑張って欲しい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 最近ではベーシックなサービスになりつつある時間帯指定、これって利用客の利便性の他に、配達業者にとっても有難い(はず)の仕組みなのだと聞きました。
    近年ますます共働きや単身世帯が増え、家人が不在となる時間が多くなっています。
    こうした状況のなかで利用客へのサービス向上も兼ねて、無駄なく確実に荷物を配送する仕組みとして、時間帯指定を業務の効率化に利用しているそうです。
    お客は短い在宅時間に合わせて荷物が届けられるので、手間なく最短期間で荷物を受け取れます。
    業者はお客が確実に在宅であろう時間帯を狙って荷物を運べるので、配達に出る際に積む荷物が限定でき、需要の多い時間帯・地域には配送を増やし、逆に少なければ減らすことができ、業務の効率化が図れます。
    過剰サービスということも叫ばれる中で、厳しい競争を勝ち抜き利益を上げるためにも、こうした施策は今や昔のように戻せないほどタイトに管理されているそうです。

    これが双方とも誠実に履行されていれば問題はないのですが、逆にこうした繊細な調整と時間管理はそのタイトさ故に、本来の想定から外れてしまったとき、それを許容するだけの余裕が無いギリギリの線上に構築されるものとも言えます。
    仕事柄、運送会社の配達員さんと話す機会が多くあるのですが、最近ではお客さんが指定した時間帯に不在だということが増えているというのをよく聞きます。
    当然、不在であれば荷物を持ち帰らなければならないのですが、荷物を持ち帰ること自体はさして問題ではないと言います。
    問題は再配達の手間で、これが1件や2件なら些細なことで済むところが、不在再配達があまりに多く、また理不尽なクレーム(正式なものではなく配達員を直接罵って終わりというようなもの)をする不在常習者のお客さんも珍しくないということです。
    お客にとってみればちょっとした、たかが1分や2分の手間が、積もり積もって現場の配達員の方達を強烈に圧迫しているという厳しい現実があります。
    少しの歪みが次々に波及し増幅していく、まさに悪循環ということです。

    件の佐川の配達員の行動は決して褒められたものではないし、知り合いの配達員の方達も、この動画の彼のことを肯定するようなことは決して言わないと思います。
    しかし、配達員と言っても結局は人間です。精神的に追い込まれているところで理不尽な状況に見舞われたとき、それでも自分は動画の彼のようにはなってしまわない、と断言できる人がどれだけいるだろうか、とも思います。

    現場の配達員は、私が見知っている限りでは皆自分の仕事に責任を感じ、職務を全うしようと懸命に努力している方ばかりです。
    そういった配達員が圧倒的多数であるということは、我々の社会が彼らによって支えられている物流網を信頼した上できちんと動いているという現実が、何よりも雄弁に証明していると思います。
    願わくば、配達員だけでなく重すぎる職務が緩和され、あらゆる現場の労働者が適正なストレスの範疇で働ける社会になって欲しいと、この動画を見て強く思いました。
    特に労働環境が過酷だと言われる佐川急便の配達員がこうした行為を撮影されたのは、決して偶然ではないと考えます。
    前述の知り合いの中には当然佐川急便の配達員も含まれます。佐川急便には、現場の労働環境、職責の重すぎる負荷を緩和していくことを、一配達員の知人としても望みたいです。
    また、現場の過酷な労働環境改善の為には、我々=お客の側の意識変革こそが必要なのではないかとも思います。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!