netgeek

11

【炎上】狂犬と化した佐川急便が荷物をボコボコにする映像

腹BLACK 2016年12月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

代引き料金を書き換えてちょろまかしたばかりの佐川急便がまたやらかした。今度は配達中の荷物をボコボコにしている配達員の様子が撮影された。

前回の記事:【炎上】佐川急便が6を8に書き直して代引き料金をちょろまかし。これは騙されるわ!

何やってんだ佐川急便!これは酷すぎる。

撮影されたのは2016年12月6日の午前11時50分。大きな音を出しながら派手に暴れまくっている人を見つけてスマホで撮影した。状況はおそらく荷物を持っていったが不在でトラックに帰るところ。ちょうど階段があり、台車が使えないせいでイライラ度がマックスに達したのかもしれない。

動画が消されてしまうかもしれないので画像でまとめておく。

(1)階段上にダンボールを放り投げた後、台車もぶん投げる。

sagawa-iraira-1

(2)荷物と台車を足で蹴飛ばす。

sagawa-iraira-2

(3)足で蹴ったダンボールが風に流されてしまった。これもまた配達員のイライラを助長することになる。

sagawa-iraira-3

(4)「風に流されるなよくそが!おらー!」ダンボールを勢い良く叩きつける配達員。すれ違う人はもちろん何事かと凝視する。

sagawa-iraira-6

(5)ボコボコにして散らばったダンボールを台車に乗せていく。

sagawa-iraira-4

(6)だが、イライラはまだ収まらない。大きく振りかぶって「おらー!」と荷物を叩きつける。

sagawa-iraira-5

この後、配達員は荷物を台車に乗せて立ち去った。かなりの時間暴れていたので目撃者は多数。現場ではみんなが振り返って見ているので相当大きな音がしていたと思われる。

▼参考までに佐川急便のユニフォーム。やはり佐川急便で間違いない。

sagawairaira

佐川急便は年末の配達量増加でパンク状態になり、遅配状態が続いている。あまりの忙しさに配達員も八つ当たりしたくなったのだろう。しかし、それにしても顧客から預かった荷物をボコボコにしてしまうのは許されない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (11)

  1. いちいち強風で転がった荷物を拾いに行くあたりに理性を残してる感じがして、哀愁ある。
    日頃、こういう配達員の人と話す機会があるだけに、彼がここに至るまでのストーリーを勝手に補完して同情してしまう。
    過剰サービスは人を殺すよ。ほんとに。

     
  2. 破損返品の荷物だろうね。
    僕も破損返品の荷物だったらやるよ。
    「こんなのどこが不良なの?」って言いたくなるようなものでも、
    不良返品になったら、クズもんだから、
    蹴ろうが投げようが問題はなし。
    第3者がとやかく言う問題ではない。

    ここのnetgeekは無知だから、
    中韓レベルの捏造を平気でやるから騙されちゃあいけない。

     
  3. 記事中、何度も「荷台」という言葉を使っているが、それ一般的には「台車」ね

    いずれにせよ、たとえどんな経緯にせよ、こんな荷扱いは中国でならともかくまず許していいものではない
    暴れている彼の怒りの矛先は、彼の使用者でありこの契約をした佐川急便側にぶつけるべきものだ
    こいつをかばってる奴は完全に間違い

     
  4. 全部に事前電話入れるシステムにして、センターにコストをかけた方がいいんじゃないかなぁ。
    ドライバーに負荷をかけるのはコスト見合わない。

     
  5. そもそも、定額運賃でさえ必ず受け取れる状況にあり、必ず配達できるって運賃設定なんだから
    不在にしている方が悪いでFA

     
  6. コレ拡散されて良いと思うのです。
    依頼者も請負業者も配達員も(配達下請け業者も)おかしい契約に怒っている訳です。
    繁忙期は+2日遅配
    +配送価格1.5倍にすれば、
    客もズラして発送するでしょ?
    これで良くない?

     
  7. 佐川ってなんであんなにチンピラ多いの?更生施設か何か?
    条件が悪いから底辺が集まるんだろうか

     
  8. 私もそう思います。もともと、日時指定はサービスの一貫であって、料金に組み込まれていないと聞いたことが有ります。
    重い荷物、居ない配達先、きのどくにおもうこともあります。でも、荷物に当たるのはやはりよくないと思います。
    なので、以来側にも、負担をしてもらったり、配達日の遅延のやむを得ない事情を会社側がルールにしておくべき。

     
  9. ここの記事はしばしば論理の飛躍や裏を取ってない話が多い。
    佐川の制服を着ているからと言ってその人が本物の配達員という保証はない。
    またダンボールが風に流されるということは空箱の可能性が高く、そもそも「顧客から預かった荷物」ではない可能性も出てくる。
    それを全部確認するのが報道だろう。憶測を拡散するな。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!