netgeek

2

難病をカミングアウトした民進党の原口一博氏、安倍総理からの励ましメッセージを病室に貼る

腹BLACK 2016年12月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の原口一博氏が骨の難病と診断されたとカミングアウトした。病気に負けず、国会議員としての仕事は続けたいと意志を表明している。

原口一博氏は12月10日、自身の入院の報告にあわせて難病をカミングアウトした。

遺伝性の難病で治療は困難。政治家として仕事に集中したいという思いをもちつつも、一方で入院しなければならないという状況に非常に悔しい思いをしたという。原口一博氏はTwitterにて、涙を流しながら一生懸命生きると決意したと語った。

▼原口一博氏(57)。東京大学文学部卒。元総務大臣。

haraguchikazuhiro-1

とにかく周囲からの評判や支持率を気にする政治家は病気になったことを隠そうとする者も多い。しかし、原口一博氏は正直にカミングアウトし、病気と戦いながら正々堂々仕事を続けると表明した。

そんな原口一博氏に対し、安倍総理はFacebookにて優しい言葉をかけた。

▼民進党という敵に対しても気遣いを忘れない安倍総理。この懐の深さはさすが一国のトップ。

haraguchikazuhiro-1

▼これに感銘を受けた原口一博氏は安倍総理からのメッセージを印刷し、病室に貼った。なんて泣けるエピソードなんだ…。

haraguchikazuhiro-2

病院のベッドに横たわり、天井を眺めるだけの毎日。遺伝性の病気という超えることのできない壁が目の前に立ちふさがる中、安倍総理の言葉は原口一博氏の気持ちを強く奮い立たせた。

その後、原口一博氏のもとには続々とメッセージが届いた。

(1)佐賀県山口知事から手書きのメッセージ。原口一博氏は佐賀1区選出だった。

haraguchikazuhiro-3

(2)小池百合子都知事。立場は違えど、義理堅い行動に涙が出そうになる。

政治家といえどもその前に一人の人間。あくせくと仕事をこなす中で見失いがちな大切なものの原点を見せてもらった気がする。

原口一博氏はお礼を言い、周囲からも温かい言葉が集まった。

人の言葉は不思議なものだ。形はないのに物凄いエネルギーを秘めており、ときに大きな原動力となる。政治家としての敵味方関係なく、いち早くメッセージを送った安倍総理、そしてそれを印刷して病室に貼った原口一博氏。両者には感銘を受けた。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!