netgeek

5

流行語大賞「日本死ね」を民進党の山尾志桜里が笑顔で受賞。こんな汚い言葉でなにわろとんねん

腹BLACK 2016年12月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「保育園落ちた日本死ね」という言葉がユーキャンの流行語大賞トップ10にランクインしたことを受けて民進党の山尾志桜里議員が賞を代表して受賞した。

「保育園落ちた日本死ね」とは匿名の母親がブログで文句を書き込んだもの。

nihonshine-6

nihonshine10

保育園が足りず、待機児童問題が深刻化する中で直球な表現をした記事は大きな波紋を呼び、ついには山尾志桜里議員が国会で取り上げるまでになった。※山尾志桜里議員の自作自演説あり

しかし、かつてここまで悲しい流行語大賞があっただろうか。「日本死ね」が流行語とは日本人としては非常に悲しい思いでいっぱいだ。こんな言葉を流行語大賞にラインクインさせたユーキャンは少しおかしいし、笑顔で嬉しそうに受賞する山尾志桜里議員もどこかずれている。

受賞の様子。

▼なぜか嬉しそう。

nihonshine-1

▼笑顔。辞退すべきだったのではないか。

nihonshine-2

▼当然ながら実況中継動画は大荒れだった。

nihonshine-8

民進党の議員はもしかして日本のネガティブキャンペーンをするために仕事をしているのか。多くの人が子どものときに「死ねという言葉は絶対に言ってはいけない」と教育されたはずなのに大人がこれでは示しがつかない。

今回の受賞については有名人も異を唱えている。

流行語大賞の年間大賞に選ばれたのは「神ってる」。その他には「聖地巡礼」「トランプ現象」「盛り土」「ポケモンGO」「PPAP」「マイナス金利」などもランクインした。全く聞いたことがない「神ってる」が年間大賞になったことで首をかしげる人が多い。

今年の流行語大賞はどこか変だ。

ちなみに女子高生流行語大賞はこちら。

nihonshine-1

一つも理解できないという人もちらほら…。5位の「はげる」と6位の「マ!?」はわかりやすいかもしれない。

さて話を戻そう。以前、スイス政府の乗っ取り戦争の方法を解説した画像が話題になったことがあった。敵国に工作員を送り込み、地道な工作活動で洗脳することで目的を達成する安全な戦争だ。移民受け入れが議論されている日本ではすでに最終段階に達していると言われている。

nihonshine-5

民進党は現在、二重国籍が問題となったにもかかわらず戸籍の公開を拒否した蓮舫議員が率いている。スパイ疑惑が噂される中、同じく民進党の山尾志桜里議員が「日本死ね」で流行語大賞を受賞したのは偶然だろうか。

そういえばレコード大賞はEXILEの三代目JSB(LDH)が1億円で買収していた。かなりの宣伝力を持つ流行語大賞はそういった不祥事とは無縁なのだろうか。民進党がかかわっていなければいいのだが…。

続き→「日本死ね」を流行語大賞に選んだユーキャンが炎上。日本をバカにするなー!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (5)

  1. そんなにガソリーヌは日本を終わらせたいのか
    なんでこんなやつが国会議員やってんの?というか国会議員になれるの?

     
    返信
  2. 女性の社会進出などきれい事を口にしても、大多数の女性がフルタイムで働いても得られる労働賃金と並行して子育てを行っていく事の大変さ、結婚後、パートナーとの離婚または死別などが起きてしまえば大半のシングルマザーは生活困窮者になります。日本というのは、現政権に対する痛烈なメッセージであり、やり場のない女性の心の声の一つです。

     
    返信
  3. 日本もアメリカも未だに努力してキャリアを積まれた女性が自分より上に立たれる事に対する嫉妬心を持たれている方々が一定数いらっしゃる事は残念です。ヒラリークリントンさんの敗北もそうですが、ミュージカル「アニー」主演→東京大学卒業→司法試験合格→東京地検検察官→国会議員へ。個人的な好き嫌いはともかく山尾さんは努力して政治家になられた事はわかる。

     
    返信
  4.   ↑        ↑
    だから何? それがどうしたの?
    東大出身でも司法試験に受かっても、常識外れのバカはいる。だいたい「死ね」という言葉を嬉々として使っている時点で非常識。知能が良くても、知恵も知識も乏しければ人間として如何かと。
    民新党、これで更に支持率が落ちたりして。w

     
    返信
  5. お隣の国(笑)ブームの次は日本死ねを流行語にするメディア
    民間防衛はもはや日本人必読の書になった

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!